ロン・ガーニー,今井亮一,御代しおり,読書,J・マイケル・ストラジンスキーJ. Michael Straczynski,Ron Garney,SPIDER-MAN,アメージング・スパイダーマン,シビル・ウォー,ヴィレッジブックス,J・マイケル・ストラジンスキー,MARVEL

アメージング・スパイダーマン シビル・ウォー

なぜ、ヒーローは正体を隠さなければならないのか?
今まで、散々考えてきたことなのに、コロッとトニー・スタークに欺されている感の強いピーターです。

トニーはもちろん、リードなんかも、どうなるかは想像できていたけど、ピーターにはできていなかった。そのあたりは、やっぱり甘いというか、下っ端感があふれています。

それでも、そこがピーターの良いところだという気もします。

サル・ビュッセマ,ジョン・ロミータ・シニア,スタン・リー,スティーブ・ディッコ,デイビット・ミッチェリーニ,トッド・マクファーレン,トム・デファルコ,マーク・バクリー,ロジャー・スターン,ロン・フレンツSPIDER-MAN,サルロビュッセマ,ジョン・ロミータ・シニア,スタン・リー,スティーブ・ディッコ,デイビッド・ミッチェリーニ,トッド・マクファーレン,トム・デファルコ,ベスト・オブ・スパイダーマン,マーク・バグリー

ベスト・オブ・スパイダーマン

スパイダーマンは、あきらめない。

スパイダーマンの長い歴史の中のものすごく初期のベスト。
ヴェノム姿のスパイダーマンとかは、日本ではあんまり有名でないので、何の知識もなく読むとビックリするかも。

ベストなので、単品として面白いものが選ばれていると思いますが、実は、わたしはアメコミの面白さって、単純なところだけではなくて、話がずっと前の話を引きずっているところだと思っています。
そこが、アメコミの入りにくさでもあるのですが。

だから、クーロンサーガのあたりの長い話が日本語になってくれるとうれしいなぁ。

スティーブ・ディッコ,ジョン・ロミータ・シニア,ロン・フレンツ,トッド・マクファーレン,マーク・バグリー,サルロビュッセマ,
スタン・リー,トム・デファルコ,ロジャー・スターン,デイビッド・ミッチェリーニ,J・M・デュマティス,
高木 亮
小学館集英社プロダクション
発売日 : 2012-10-31

スタン・リー,スティーブ・ディッコ,デビッド・ラッファン,トニー・ハリス,読書David Lapham,SPIDER-MAN,stan lee,Steve Ditko,スタン・リー,スティーブ・ディッコ,スパイダーマン,デビッド・ラッファン,トニー・ハリス,ヴィレッジブックス

スパイダーマン ウィズ・グレート・パワー

この物語って、ここで終わっているのは、ものすごい悪意ある終わり方ですよねぇ。
特に、最後のシーンのニュース。この後、おじさんの死を通して、どうしても「正義」と向かい合うことになります。

でも、ある日急に、スーパーパワーが手に入ったら、おかしくなるわなぁと思います。 ピーター・パーカーは、本当に普通の人なんですよ。まあ、ちょっと調子に乗りすぎるところはありますが。

トニー・ハリス,Tony Harris,
スティーブ・ディッコ,Steve Ditko,
デビッド・ラッファン,David Lapham,
スタン・リー,Stan Lee,
石川 裕人,近藤 恭佳,
ヴィレッジブックス
発売日:2012-11-10