アーサー・コナン・ドイル,日暮雅通,読書Arthur Conan Doyle,complete sherlock holmes,hound of the baskervilles,シャーロック・ホームズ,バスカヴィル家の犬,光文社文庫,四つの署名,新訳シャーロック・ホームズ全集,映画

バスカヴィル家の犬 新訳シャーロック・ホームズ全集

軽いこの長編は、好きです。と言うと、なぜか、ホームズファンからは怒られることも多いですが。
今は、「四つの署名」が1番なんですが、昔は、コレが1番好きでした。

ドキドキするじゃないですか。
映画化するなら、絶対このエピソードだと思いません?

アーサー・コナン・ドイル,日暮雅通,読書Arthur Conan Doyle,コナン・ドイル,シャーロック・ホームズ,シャーロック・ホームズの回想,光文社,光文社文庫,新訳シャーロック・ホームズ全集

シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集

1年に1冊ぐらいずつ読んでるシャーロック・ホームズです。

安定したおもしろさがありますねぇ。

なんか、思っていた以上に、ホームズとワトソンは、仲良しですね。ちょっと、ホームズは、ワトソンをバカにしているところがあるのかと思っていたけど、ホームズの方が、ワトソンのことを好きなんだとなんか伝わってきました。ラブラブだ。いや、変な意味ではなくね。

最後の事件は、続きがあると知っているのに、しんみりします。コナン・ドイル自身は、続編なしのこれで終わりって思っていたので、ちょっとは、しんみりしたのかなぁ。
でも、モリアーティ教授は、どんな犯罪をおかしたのかは、さっぱりわかんないですねぇ。

アーサー・コナン・ドイル,日暮雅通,読書Arthur Conan Doyle,コナン・ドイル,シャーロック・ホームズ,シャーロック・ホームズの冒険,光文社,光文社文庫,子ども,新訳シャーロック・ホームズ全集

シャーロック・ホームズの冒険 新訳シャーロック・ホームズ全集

初短編集です。
おもしろいわ、コレ。

以前(30年ぐらい前か……)よりも、おもしろく感じます。これは、子どもの読み物ではないな(笑)

解説には、ホームズとワトソンの怪しい関係について書かれているのだけれど、わたしは、なによりもこの2人の健全さに感動してしまいます。