荻原規子,読書カドカワ銀のさじシリーズ,荻原 規子,西の善き魔女,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川書店,RDG

RDG6 レットデータガール 星降る夜に願うこと

最終巻。
まあ、この先、問題は山積みでどうなっていくのかわからないけれど……というのは、「西の善き魔女」と同じ様な感じです。
敵も味方も巻き込んで……というところも、似てる感じがします。

そういえば、この学園の雰囲気は、女子校ではなかったけれど、トーラス女学院的な雰囲気もありました。6巻読んでいる間、主人公たちが、そういう一種のアジールをここに作り出そうとしているのかなぁという気がしていました。

多分、荻原 規子のなかの学園が、そんなイメージなんだろうなぁと思います。仲間がいて、ライバルとも競い合って成長していく。

そう考えると、えー、ここで終わりって感じるところもアルのだけれど、とっても気持ちいいお話でした。

荻原規子,読書カドカワ銀のさじシリーズ,歴史,荻原 規子,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川書店,RDG

RDG5 レットデータガール 学園の一番長い日

決戦の学園祭です。
まあ、決戦まで言うと言い過ぎか(笑)

でも、なんか、この2巻でやっと、物語の輪郭が見えてきて、物語が動き始めたな~と。

親たちとは、違う道を探すという深行。なかなか、男前だ。

でも、それすら、歴史の通りに進んでいるようにも見える。はたして?

割とこの作者、突き放したところで終わっちゃう所があるので、どんなところに物語の終わりを持っていくのか楽しみです。

荻原規子,読書カドカワ銀のさじシリーズ,荻原 規子,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川書店,RDG

RDG4 レットデータガール 世界遺産の少女

前巻ぐらいから動き出しているお話ですが、ここに来て、一気に見通しが良くなった感じで面白いです。

学園祭の準備をしながら、同時に無理なく、大きなお話も進行しています。
なんだか、現代劇なんだけれど、上田 ひろみシリーズよりも、勾玉のシリーズに近い気がするのは、カラスのせいだけではないよね。
なんか、現実的な動きと、ファンタジーの動きのバランスが、ものすごく良いのです。

好みなバランスになってきてうれしいです。
最後の結論は、「恋人は守護霊」みたいな感じになるのかなぁ。

荻原規子,読書カドカワ銀のさじシリーズ,荻原 規子,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川書店,RDG

RDG3 レットデータガール 夏休みの過ごしかた

夏休みの話ですが、もう、すっかり秋ですね。

ちょっと、物語の登場人物たちが、なにをやりたいのかが見えてきた感じです。そうか、世界遺産に認定されたかったのか……。なんじゃそりゃ。

でも、相田兄弟が、これから先、真澄を呼び出すことが出来るのかとか、そういうところは、けっこう重要なのですが、次巻に続く感じです。

そして、主人公だけが目的なし?

荻原規子,読書カドカワ 銀のさじシリーズ,カドカワ銀のさじシリーズ,荻原 規子,西の善き魔女,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川書店,陰陽師,RDG

RDG2 レットデータガール はじめてのお化粧

この人の学園ものって、1って、けっこうぶっとんだお話が多いと思うのですが、好きかも。
権力の闘争があったり、大人社会のひな形でありながら、どことなくアジール的なところもあります。

ということで、2巻目からは、高校篇。東京の泉水子です。そして、敵の陰陽師と戦います。どんな学園やねん!もう、ライトノベルとの差ってなんなんだろうと思いますよね。2

そして、「はじめてのお化粧」。
はじめはというか、ずっと、メガネを取ったことだけを「お化粧」といいはるつもりかと、少し、心配してしまいました(笑)
えーと、ちゃんと、クライマックスでお化粧します。

そして、謎はさらに深まり、まだまだ続くのであったという…。

  1. 実はこれと「西の善き魔女」しかしらないかも。 []
  2. なんでも読みなので、あんまり意識しては読んでいませんが。 []