「進撃の巨人」制作委員会,砂阿久雁,読書,諫山創,駿河ヒカルAndrea Di Vito,「進撃の巨人」制作委員会,「駿河 ヒカル,砂阿久 雁,講談社,進撃の巨人,進撃の巨人 悔いなき選択,KCDX,KCDX ARIA

進撃の巨人 悔いなき選択2 フルカラー完全版

最後の悲惨さをしっていると、のどかな番外編が悲しいです。
それはもしかすると、これからの「進撃の巨人」本編にも言えることかもしれませんが。

「進撃の巨人」制作委員会,砂阿久雁,読書,諫山創,駿河ヒカル「進撃の巨人」制作委員会,諫山 創,講談社,進撃の巨人,進撃の巨人 悔いなき選択,KCDX ARIA

進撃の巨人 悔いなき選択1 フルカラー完全版

まあ、さすがのリヴァイ人気です。
フルカラーといっても、機械でぬったみたいな感じです。

まあ、商売ですな。

謎(笑)の制作委員会が、イッチョカミしています。

砂阿久雁,読書,諫山創,駿河ヒカル諫山 創,講談社,進撃の巨人,進撃の巨人 悔いなき選択,KCDX,KCDX ARIA

進撃の巨人 悔いなき選択1

リヴァイが、調査兵団に入った番外編。
絵がねぇ、原作者よりもきれいです。
ただ、きれいだから魅力的かというと、原作には原作の魅力があります。

昔は、こういう展開は同人誌が担っていたと思うのですが、今は商業誌がコレをやる。原作者を潰しかねないと思うけれど、絞りとれるるだけ絞りとろうとするからこそ出てくる面白さもあるのかなぁと思ったりもします。