読書,飯田ぽち。クトゥルー,マンガ,姉なるもの,神話,電撃コミックス,電撃コミックスNEXT,飯田ぽち。,KADOKAWA

姉なるもの1

題名と絵柄がいいですよねぇ。ゾクゾクします。
クトゥルーとお姉ちゃんということで、ほぼ、想像通りの内容だと思います。
もう好きで、同人版も買ってしまいました。そのなかで、このマンガの担当さんの書いている言葉が、なんというか凄い好きです。未知なるものへと続く扉を開けるみたいな。うん、クトゥルー神話とも繋がる考え方だ(笑)

実は、姉の千夜さんではなくて、弟の夕の方が色っぽいとか、いろいろ説がありますね。

この商業誌版のいいとろこは、追憶の物語、いつか、終わりがくる物語として書かれているところで、そこをうまく着地させればものすごい傑作になると思います。

読書イカすアートブック,スプラトゥーン,スプラトゥーン2,ファミ通,子ども,Gzブレイン,KADOKAWA

スプラトゥーン2 イカすアートブック

未だに、イカの勢いは衰えずです。ねぇさんは、ちょっと衰えてきたかも。
しかし、発売されてから1年、それでも、「ファミ通」売り上げベスト10に入り続けているというのは、驚異的。おもしろい売れ方だなぁと思います。そんだけ、大人も子どもも楽しめるということです。

そして、オクトもでて、良い感じで世界が広がっていますねぇ。

ということで、「2」のアートブックです。
1を踏まえて、さらにいろいろということで、絵を見ているだけで飽きないです。

まあデザイン面が増えたせいで、「1」であった、裏設定ストーリー的なものが無くなっているのかは、ちょっと残念ですが。

田島昭宇,読書MADARA PROJECT,ファイブスター物語,マンガ,大塚 英志,田島 昭宇,魍魎戦記MADARA,KADOKAWA,MADARA ARCHIVES

魍魎戦記MADARA1 MADARA ARCHIVES1

何度目かの「マダラ」。
もちろん、完結したりはしない……んだろうなぁ。

なんか、大塚さんが関わっているとは思えないような雑な本になっています。
原作者の名前もないし、なんかあったかな?とも思えるような。

でも、今の大塚 英志の中で、マダラに関する関心ってこれぐらいっていう気もします。

ゲームっぽいマンガ、物語のかなり初期に位置するお話だと思います。これと、「ファイブスター物語」あたりが、設定バンバン出して物語を作っていった感じです。
でも、大塚 英志の飽きっぽさがなぁ……。

そして、せめてアーカイブというのなら、「ギルガメッシュ・サーガ」は、入れて欲しい。

もちオーレ,読書アスキー,アスキー・メディアワークス,出会い系サイトで妹と出会う話,電撃コミックス,電撃コミックスNEXT,KADOKAWA

出会い系サイトで妹と出会う話

短編5つ。
表題作は、姉が出会い系サイトで妹と出会う話で、まあ、タイトルそのままです。何もかもを越えて受け入れ合えたのならば、それほど素晴らしいことはないと思います。

ほぼ、同じパターンな話だと思います。
基本、相手の気持ちがわからないから不安なんだけれど、どっちもラプラプな感じです。

こういうイチャイチャしている話は、実は結構好きです。
これね、この絵柄でずっとおだやかに年取っていくところも見てみたいマンガだと思った。

大塚英志,田島昭宇,読書デビルマン,多重人格探偵サイコ,大塚 英志,田島 昭宇,角川コミックス・エース,KADOKAWA

多重人格探偵サイコ25

サイコ完結。
ちゃんと、ラストまでいってひとまずよかった。
でも、ルーシーがなんで人類にとって、重要人物なのかというのは、ちょっとわからないです。感情共鳴で集団自殺はすごいかもしれないけれど、それ、洗脳の研究とそんなに変わらない気がします。

「デビルマン」と同じで、人というのは形ではなくて心で、伸二や弖虎は人間になったけど、学窓は欲望に溺れて人間になれませんでした。なら、落としどころとして落ち着きはいいけれど、学窓の欲望も人間そのものという感じでかかれていたかも。

うーん、原罪のない人はいないということかなぁ。