和月伸宏,読書和月 伸宏,集英社,集英社文庫,集英社文庫(コミック版),GUN BLAZE WEST

GUN BLAZE WEST 2

完結。
うん、続きがあったらきっと読むと思います。修正不能の失敗があっても、魅力はいっぱいある話だと思うから。

でも、和月さんのなかでも、終わってる話なので、それはないか。

でも、どっかの作品で、きっとみんな生まれ変わっていると思います。

和月伸宏,読書マンガ,和月 伸宏,集英社,集英社文庫,集英社文庫(コミック版),GUN BLAZE WEST

GUN BLAZE WEST 1

プロローグが5回。このプロローグの長さが、このマンガに賭ける和月さんの本気を感じさせますよねぇ。
結果は出なかったけど。

ガンファイト自体は悪くないんだけど、相棒として輪投げのキャラクターを出したのが、最大の弱点だと思います。
それならいっそ、相棒は一切武器をつかわない、策略だけでいくみたいなキャラの方が良かった。
どう考えても、銃の方が投げ縄よりも強いし、卑怯っぽいからなぁ。
もしくは、主人公になんかハンデがあるというのは、重要だったかも。
だから、和月さんの「片目」というのは、よい考察だと思った。

主人公が銃で、相棒が短距離攻撃っていうのは、青年マンガならアリなんだけど、少年マンガだと難しいと思います。

でも、このロードムービーっぽいところは、嫌いでなかったです。
最後の街まで、行き着いて欲しかったし、今でも続きを読みたいとは思っています。

藤巻忠俊,読書ガンフロンティア,ジャンプ・コミックス,マンガ,和月 伸宏,藤巻 忠俊,集英社,黒子のバスケ,GUN BLAZE WEST

黒子のバスケ16

目からビーム戦、終了。

このマンガ、主人公が黒子というところが、ほんとによくできているよなと、思います。
黒子自身は、ものすごく弱点が多くて、強くても卑怯な感じがしない。

和月 伸宏は、「GUN BLAZE WEST」のとき、これで失敗してるもんなぁ。
相棒が投げ縄で、主人公が銃。どうみても、卑怯な感じしかしない……。
「ガンフロンティア」は、トチローは仕込み刀で、ハーロックが銃。このバランスが大事なんですよねぇ。