山北篤,読書古事記,図解 日本神話,山北 篤,教育,新紀元社,日本書紀,F-Files

図解 日本神話 F-Files33

なんとも、「古事記」と「日本書紀」の関係が、面白いですよねぇ。
この謎が解ける日は、まあ、決して来ないのでしょうが、それでもいろんな説を聞くと楽しくなります。

荒魂重視な「古事記」は、天皇家の正当性をうたいながら、まわりの豪族達のもっている神話にも配慮している感じもあって、内部に向けた教育的なものだったのではないかという気もします。1

  1. 正しいを無理に推し進めるのではなく、日本らしく「和」を持って調和していこうという意味で。 []

藤井勝彦,読書図解 三国志,新紀元社,藤井 勝彦,F-Files

図解 三国志 F-Files31

まあ、基礎知識ですよねぇ。
散々、この手の本はあるから……。

毛利元貞,読書図解 現代の陸戦,戦争,新紀元社,毛利 元貞,F-Files

図解 現代の陸戦 F-Files30

戦争というのは、外交のひとつの手段にしか過ぎない。そういう部分がかなり強調されている感じの1冊でした。
なんか、兵器編はいつも興味が無いことが多いのですが、これはけっこう読み応えがあった。

牢獄研究会,読書図解 牢獄・脱獄,新紀元社,牢獄研究会,F-Files

図解 牢獄・脱獄 F-Files29

まあ、いろんな牢獄の説明が、延々と続きます。
それぞれに、考え方というか思想があって、けっこう楽しい。

でも、やっぱり楽しいのは、脱獄のお話ですよねぇ。
実在の人物から、フィクションのキャラクターまで。各種取りそろえられています。

朱鷺田祐介,読書クトゥルー,図解 メイド,図解 巫女,朱鷺田 祐介,F-Files

図解 巫女 F-Files28

最後のオチに、ミ=ゴを持ってきたところが、凄い発想だと思いました。
このカバーしたの表表紙と裏表紙、みんな見てますか?

これ読んでると、色っぽい本を読んでいるように思われることも多いですが、ものすごく真面目な本です。
これ、なんか前もこのシリーズで書いたことがあるような……。「図解 メイド」のときですね。

著者が、朱鷺田 祐介で、ちょっとビックリした。博学やなぁ。
そして、あぁ、その流れで、ミ=ゴかぁ。