末次由紀,読書ちはやふる,末次 由紀,講談社,BE LOVE KC,LOVE

ちはやふる34

3年生。机くんたちは、一段落。こんなん、泣くわ。
そして、詩暢ちゃん、千早母と、たたみかけるような展開。
そっからの周防さんと詩暢ちゃん。

なんか、凄い物語が動いている感じがするんですよねぇ。実際には、なんにも起こっていないのに。

末次由紀,読書ちはやふる,末次 由紀,講談社,BE LOVE KC

ちはやふる33

2年生達の成長。
ライバルたちの成長。
仲間達の成長。
それぞれ、みんなに見せ場があって、スポ根っていいねぇって。泣くわ。

西田姉弟は、大好きです。

末次由紀,読書ちはやふる,映画,末次 由紀,講談社,BE LOVE KC

ちはやふる32

ひょろくんと優華璃嬢からのちはやと詩暢ちゃん。
もう、ずっとクライマックスな展開です。スポ根は、こうでなくちゃいけない。

次の映画も決まったみたいで、楽しみです。

末次由紀,読書ちはやふる,マンガ,映画,末次 由紀,講談社,BE LOVE KC

ちはやふる31

もう、みんなが成長していて凄いです。
ちはやのサイドでは団体として集団としての成長をかきながら、詩暢ちゃんのサイドでは個人としての深く潜っていくような成長をかく。その2つのどちらが優れているのかを比べるのではなくかいていくということは、けっこう物語としては難しいです。
マンガや物語では、どうしても集団としての成長の方が優れているとかきがち(その方が盛り上がるしね)ですが。

ヒョロ、優華璃嬢カップルは、超好きです。優華璃嬢は、いつ表紙になるんだろう(笑)

前巻で、映画公開間近という話を書いていますが、上の句、下の句、両方見てきました。
映画の出来も、良かった。
最初は、コメディ色強くてどうなることかと思っていたけれど、見ているうちに、

「おぉ、机くんや」
「おぉ、奏ちゃんや」

とそう見えてくる。
ちはや、詩暢ちゃんも、良い感じでした。

また、映画も続編を作るようなので楽しみです。

末次由紀,読書ちはやふる,映画,末次 由紀,講談社,BE LOVE KC

ちはやふる30

30巻ですよ。
そして、いよいよ映画ですねぇ。

ちょっと奏ちゃん役の子があっているのか気になるのですが、別の写真で見るとけっこう悪くない感じでした。わざと、ポスターでは写りの良くないのを使っているのか?そんなことして、意味があるのかわかりませんが。

翠ちゃん、大人気です。