島本和彦,読書アオイホノオ,ゲッサン少年サンデーコミックス,ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル,小学館,島本 和彦,999

アオイホノオ18

矢野 健太郎の「ネコじゃないモン!」の解釈が凄すぎて。でも、説得力ある。メッチャある。
あの1話読んで、わたしは、すぐに矢野 健太郎のファンになりました。多分、普通にかいていても、にじみ出るなにかはあったんだろうなぁと思います。いきなり、トラウマエピソードからはじめるとか、衝撃的でした。
矢野 健太郎に真相を聞いてみたい気もしますが、わたしのなかでは、もうこれが正史で決定みたいな解釈でした。
ちょっと、興奮しすぎた(笑)

さて、18巻目の表紙は、トンコさんとキスするホノオ。なんか、「999」のラストシーンみたいなキスです。

で、物語のなかでは、そんなシーンは、出てこない(爆)

これについても、いろんな説が出ているみたいですね。

トンコさんなんていなかったとか。いや、トンコさんは、すべての少年の隣にいる青春の幻影だとか。
このシーンは、実はカットされただけで…とか。

いろんな解釈を生み出すこのかきかたは、島本 和彦の天才と狂気を感じさせます。

松本零士,読書ガンフロンティア,キャプテンハーロック,セクサロイド,マンガ,四次元世界,小学館,小学館クリエイティブ,帰らざる時の物語,映画,松本 零士

松本零士の大宇宙 ハーロック ヤマト 999

「キャプテンハーロック」の映画化にちなんで作られた本のようです。
キャプテンハーロック関係のマンガを集めたのかと思ったのですが、そうでもないようです。

トチローとハーロックの話は、まだ単行本になっていない途中で終わっちゃったような話もあるので、そういうのも集めて欲しかった。

でも、有名どころ以外にも「四次元世界」や、「セクサロイド」、「帰らざる時の物語」、そして大好きな「ガンフロンティア」から取ってあって、いい感じです。

松本 零士、神だわ。