草川為,読書ガートルートのレシピ,僕の棺で晩餐を,白泉社,草川 為,龍の花わずらい

僕の棺で晩餐を

1巻ものかと思ってたら、短編でした。
吸血鬼ものが3つ。うち2つは、同じキャラクターがでています。

草川 為と吸血鬼ものは、いい組み合わせです。
「ガートルートのレシピ」をちょっと思い出しました。
ちょっと、不気味なところがあるのに、サラッとかけているところが、好きです。

これとか、「ガートルート」とか、「龍の花わずらい」とか、業の深い感じが好き。

草川為,読書八潮と三雲,白泉社,花とゆめコミックス,草川 為,龍の花わずらい

八潮と三雲4

ラブラブパワーが、「龍の花わずらい」と同じぐらいに強いです。
男の子は、淡泊めかな。でも、しーくんが出てきて、ちょっと変わってくるのかなぁ。

四海都も、いいです。素敵だ。

草川為,読書ガートルードのレシピ,八潮と三雲,十二秘色のパレット,白泉社,花とゆめコミックス,草川 為,龍の花わずらい

八潮と三雲2

前も書いたような気がするのですが、「ガートルードのレシピ」を読んでいるときって、草川 為って、恋愛がストレートにかけない人だと思っていたんです。

でも、こんなにストレートにおもしろく、かけるなんて!!

まあ、この前に、「十二秘色のパレット」も、「龍の花わずらい」も、ストレートな恋愛物だったのに、やっぱり思ってしまう。こうやってみると、ラブラブ、超得意じゃないですか(笑)

1回インプットされた印象というのは、ぬけないということか……。

草川為,読書白泉社,花とゆめコミックス,草川 為,龍の花わずらい

龍の花わずらい7

「龍の花わずらい」最終巻です。

まあ、前巻の流れから考えると、この着地かなぁと。

しっかし、ここまでストレートな恋愛ものって、草川 為が……。っていうのは、もう何回もかいているけど、実力のある人は、なんでもかけるんだなぁと思ったりしました。

しかし、あのイレズミは、おそろしいものだ。自分の意志とは関係なしだからなぁ。つけたままで関係を続けていくのは、危険すぎです。

草川為,読書白泉社,花とゆめコミックス,草川 為,龍の花わずらい

龍の花わずらい6

ああいう存在は、シャクヤだけなのかと思っていましたが……。
そのあたりの世界観は、実は、けっこう見えないままなのかも。

どっちとひっつくかは、決まった気がしますね。

次巻で、最終回だそうです。

重い空気でつぶれる虎がよかったです(笑)