灰原薬,読書バンチコミックス,応天の門,新潮社,馬場 あき子,鬼の研究

応天の門2

ちょっと大きな話が動き出している感じで、期待が膨らみます。
業平の鬼に食われた姫の話も好きですしねぇ。馬場 あき子の「鬼の研究」で1番好きなエピソードです。

まあでも、ラストの話がお約束と言えばお約束なのですが、いいですよねぇ。
ラストの話って、道真のお兄さんの話ではなくて、書庫の話ね。全然、小さいお話です。
そして、その後、白梅も一緒に読んでるところがさらに好きです。