夢枕獏,板垣恵介,読書スー,夢枕 獏,板垣 恵介,講談社,餓狼伝,餓狼伝BOY,KCデラックス

餓狼伝BOY スーパーガイド

「餓狼伝BOY」は、2巻で終わっちゃったので、ちょっと不満。
まあ、その分、「餓狼伝」の方が動いてくれれば、それでいいか…。

というか、この本、BOYの話、ほとんどないという。

夢枕獏,板垣恵介,読書夢枕 獏,板垣 恵介,講談社,講談社コミックス,餓狼伝,餓狼伝BOY

餓狼伝BOY2

2巻で完結なのか~。
最後に、「餓狼伝」の最初のビルを揺らすシーンにつながるのかと思ってたのに(前と書いていることが違う?)。
残念です。

でも、「餓狼伝」で最初にやりあうのが相撲取りで、「BOY」のなかで相撲取りを持ってきたということは、はじめから板垣恵介の構想は、これだけだったのかな。

この後、シンイチは、どうなっていったんだろうかというのも、けっこう気になったりして。

陰の政界の実力者とかいって、「餓狼伝」に出てきたりして(笑)

夢枕獏,板垣恵介,読書バキ,マンガ,夢枕 獏,板垣 恵介,講談社,講談社コミックス,餓狼伝,餓狼伝BOY

餓狼伝BOY1

少年タンバが、成長して、「餓狼伝」の丹波につながっていくとは、とても思えないのですが、またまた、パワーのあるマンガで良いです。

ただ、連載が多すぎて、あっちこっちで、休みが出てきているのが、気になります。

「バキ」ぐらいは、毎週、読みたい。

夢枕獏,読書双葉文庫,双葉社,夢枕 獏,谷口 ジロー,餓狼伝,餓狼伝BOY

餓狼伝12

なんか、板垣「餓狼伝」があって、「餓狼伝BOY」があって、そうそう、谷口「餓狼伝」なんてのもあるわけですが、全部、元は、この夢枕「餓狼伝」なのですが、全部、微妙に浮かんでくる顔が微妙に違います。

この夢枕「餓狼伝」は、なんか、丹波 文七ではなくて、松尾 象山の話なんだなぁ。
この山をどう越えるかみたいな話です。

谷口 ジローは、わたし的には、あんましイメージじゃない。堅すぎる。しいて言えば、梶原の話。

板垣「餓狼伝」は、グレート巽の話という感じがします。
「餓狼伝BOY」は、まだ未知数。

それだけ、キャラクター1人1人の熱量がパンパンにふくらんでいるといえると思います。

板垣恵介,読書バキ,少年チャンピオ,少年チャンピオン・コミックス,板垣 恵介,秋田書店,餓狼伝,餓狼伝BOY

バキ21

最近の板垣 恵介、連載の数が、けっこうすごいですよね。

「バキ」、「餓狼伝」、そして、「餓狼伝BOY」。
たしか、全部、週刊ですよね。

毎週、どれかが、落ちているような気もちょっとしますが……。

「毒が裏返る」という表現なのですが、不思議なことにどこかで読んだことがある気がします。読んだときも先がわかって、「知ってる」と思っていました。どこだろう??