増田晴彦,読書ぶんか社,ぶんか社コミックス,増田 晴彦,風の騎士,風の騎士団

風の騎士団5

完結。というか、未完だよねぇ。第一部完的な。

そういえば、増田 晴彦って、寄生虫名義も含めて、あんまりしっかり完結しているお話ってないなぁ。
なんか、話が広がっていったところで、「第一部」完的なのが多い気がします。

あんまり組織とか書いていくの好きでなさそうなので、仲間集まったぐらいでかくことがなくなるのかなぁという気もします。
でも、魅力的なので、続きは読みたいと思っているんですけどねぇ。無理かな。

増田晴彦,読書ぶんか社,ぶんか社コミックス,増田 晴彦,風の騎士,風の騎士団

風の騎士団4

男の生き様とか、孤高の戦士とかは、ものすごく得意なんだけれど……。
なんというか、国同士の争いとか、思惑とか。集団の中で人はどう立ち回ったりするのかとか、そういうのは、苦手ですよねぇ。いや、かけないのではなくて、それに面白みをまったく感じていないということかも。

まあ、主人公が、それを配慮しなくて良いぐらいに強いということでもありますが。

増田晴彦,読書ぶんか社,ぶんか社コミックス,マンガ,増田 晴彦,風の騎士,風の騎士団

風の騎士団2

消えたので、書き直し感想です。

まあ、この人、けっこ行き当たりばったりだったり、パターンだったりすのですが、好きです。
少年誌よりも、青年向けの方が、絶対に面白いというのはあるのですが。

それでも、見たいシーンを見せてくれるマンガ家さんです。

増田晴彦,読書ぶんか社,ぶんか社コミックス,マンガ,増田 晴彦,風の騎士,風の騎士団

風の騎士団1

まー、なんて懐かしい。
増田 晴彦ですよ。というか、寄生虫といった方が、しっくりくるかも。

多分、知らん人の方が多いでしょうねぇ。

でも、怪獣をかかせたら天下一品です。

「虚空からの挑戦」も好きだったなぁ。実は、少年マンガのこの人のマンガより、マイナー系のマンガの方が好きというのはあります。
でも、少年マンガも、熱くてストレートで好きです。

栗本薫,読書グイン・サーガ,ハヤカワ文庫,早川書房,栗本 薫,風の騎士

風の騎士 グイン・サーガ105

いやぁ、もうとっくに死んでいるものだとばかり思っていたので、ちょっとこの登場は、ビックリですねぇ。
まあ、前の巻あたりから、もしや……という感じではあったのですが。