デイヴィッド・ブリン,矢口悟,読書アシモフ,ハヤカワ文庫,ファウンデーション,ファウンデーションの勝利,ロボット,新・銀河帝国興亡史,早川書房,銀河帝国興亡史

ファウンデーションの勝利 下 新・銀河帝国興亡史3

おおっ。
後半部は、一気読みしてしまいました。
けっこうスリリングだ。

まあ、若干ロボット同士の権力闘争とか、ダニールの書き方とか、ドースはこれから浮気するのとか……。
アシモフじゃない~というのは、本当にそうなんだから、言ってはいけないのかな。

それでも、この後半の逆転劇は、けっこう読まされます。

それに、こっちの結論の方が、わたしには納得がいきます。
無名人の矜持というのも、けっこう格好良かったし。

「だか、考えてみたまえ、ダニール。イライジャ・ベイリがここにいたら、彼は危険を冒そうとするのではないかな?」

このセリフは、名言ですねぇ。

グレッグ・ベア,矢口悟,読書グレッグ・ベア,ハヤカワ文庫,ファウンデーション,ファウンデーションと混沌,ロボット,新・銀河帝国興亡史,早川書房,銀河帝国興亡史

ファウンデーションと混沌 下 新・銀河帝国興亡史2

モラルが高い人間は、ロボットと同じように人に危害を加えたりしない。
そして、性能がよくなるにしたがって、ロボットは、自分の使命がないことにむなしさを感じたりもする。
しかし、そんなふうに考えられることが。ロボットにとって幸せなことかどうか…。

第2ファウンデーションの計画が、こんなに直前まで揺れていたというのは、どうだかなとは思いますが、けっこう、楽しんで読めました。

ところで、これ、シリーズ3部目でも、ハリ・セルダン出てくるんですよねぇ?
ということは、また、時間はもどるのか?

グレゴリイ・ベンフォード,矢口悟,読書Gregory Benford,グレゴリイ・ベンフォード,ハヤカワ文庫,ファウンデーション,ファウンデーションの危機,ロボット,新・銀河帝国興亡史,早川書房,銀河帝国興亡史

ファウンデーションの危機 上 新・銀河帝国興亡史1

アシモフの「ファウンデーション・シリーズ」を読めるのですよ。もう1回。
しかも、ロボットたちが大活躍。

でも、やっぱり、ベンフォードは、アシモフではなかったのであります。
まあ、当然ですが。

うーむ。
多分、第零法則というのは、もっと微妙で、もっとロボットの機能そのものにプレッシャーを与えてしまうものであるような気がします。

それがあるから、ロボットはある程度安心するのですが、使う段になるときっと、もっとためらってしまうもののはず。

でなければ、ただ単に権力者がロボットに変わっただけです。

なんというか、アシモフのロボットたちは、もっと優しいのですよ。