芳崎せいむ,読書こいきな奴ら,イッキコミックス,マンガ,地球へ…,小学館,芳崎 せいむ,野球狂の詩,金魚屋古書店

金魚屋古書店14

過去編。
マンガ少年総集編版の「地球へ…」ウチにあります。ねぇさんのだけれど。

「地球へ…」、「野球狂の詩」、「こいきな奴ら」。やっぱり、そのあたりのマンガが出てくるのが一番うれしい感じがしたりする。
これは、全部、マンガ好きだった従姉が読んでて、従姉から譲ってもらったラインナップで、まあ、今の自分の嗜好をかなり方向付けているよなぁと思います。

水島新司,読書水島 新司,,講談社,講談社漫画文庫,野球狂の詩

野球狂の詩 水原勇気編3 新装版

この年になって読み返してみて、やっと気づくことがあります。
それは、水島 新司が設定したプロの厳しさのけっこう高いハードルです。

結局、あれだけ鳴り物入りでプロ入りしたにもかかわらず、水原 勇気は、完投できる投手としては育たずに、ワンポイントリリーフぐらいしか通用しなかったということなんですね。
しかも、ドリームボールがあってすら。

そして、そのたった1つの武器があれば、つかいようによっては、かなり長くプロとしては通用する。
プロというのは、オールラウンドで活躍できる選手をもとめているのではなくて、その場面場面で、確実に力を発揮できる人を求めているんだなぁ。

だから、プロ野球のかきかたと、高校野球のかきかたは、話の作り方からして違います。
奥が深い。

水島新司,読書水島 新司,,講談社,講談社漫画文庫,野球狂の詩

野球狂の詩 水原勇気編2 新装版

すげぇなぁと思います。

水原 勇気といえば、ドリームボールなのですが、物語の2/3を経過して、まだ、ドリームボールはベールに包まれたままです。

わたしは、この人は、ノリでお話をつくっていく人かと思っていましたが、もしかすると、そうではなくて、けっこう緻密に計算されているのかも。

でも、ノリだけで、ドリームボールが出てきたのだとすると、それはそれで、けっこう凄いのですが。

水島新司,読書水島 新司,,講談社,講談社漫画文庫,野球狂の詩

野球狂の詩 水原勇気編1 新装版

何回読んでも、この「野球狂の詩」最大のエピソードは、面白いのです。

そうして、今読むと、水島 新司がものすごく冷徹に女性選手の限界を見据えていたことも見えてきます。プロの怖さ。そして、スタミナのなさ。

ドリームボールの「ド」の字も、まだこの時点では出てきていません。

水島新司,読書ドカベン,モーニングKC,水島 新司,,講談社,野球狂の詩,野球狂の詩VS.ドカベン

野球狂の詩VS.ドカベン

こっちは、メッツ視点で物語が展開します。
1試合だけなのが、もったいないですねぇ。

どっちのチームも勝つ試合が見てみたかったです。

最後のホームラン、岩鬼も、山田も、めちゃくちゃふったから打てたと思っていますが、わたしは、あれは、スローボールでも、鉄五郎のボールには気迫というか殺気がこもっていたから打てたのだと思いたいですねぇ。