梅田阿比,読書クジラの子らは砂上に歌う,ボニータ・コミックス,梅田 阿比,秋田書店,進撃の巨人

クジラの子らは砂上に歌う6

アニメよりも話が進んで行く6巻目です。
ちなみに、アニメの2期は、なかなか難しいみたいですねぇ。アニメは、アニメでできはよかったと思うのですが。ちょっと、地味だったかなぁ。

コガレじいちゃんが、伝えないことになぜあれほどこだわったのかという話が、泣けます。
さて、みんなは泥クジラから逃れる気満々の様ですが、泥クジラ自体は、そう思っていないみたいです。

まだまだ、多分、価値観はひっくり返っていく。

このお話を評して「きれいな進撃の巨人」と書いていたサイトがありました。これは、確かに。上手い。

士貴智志,涼風涼,読書,諫山創シリウスKC,士貴 智志,涼風 涼,諫山 創,講談社,進撃の巨人,進撃の巨人 Before the fall

進撃の巨人 Before the fall 17

最終巻。
そして、物語は本編へ。

といっても、誰かが本編に登場したりするわけでもなく……。

まあ、この希望を持っている時代の人たちが、今の本編の時代に生きていたら、あんまりにも辛すぎな気もします。

まあまだ、希望のあった「銀の時代」の物語。

士貴智志,涼風涼,読書,諫山創シリウスKC,士貴 智志,涼風 涼,諫山 創,講談社,進撃の巨人,進撃の巨人 Before the fall

進撃の巨人 Before the fall 16

いよいよ、壁外遠征。

なかなか、絶望的な状況です。
でも、今の「進撃の巨人」に繋がっていくためには、なんらかの成功は持ち帰ってくるのかなぁ。

なぞは、なぞのまま、見える範囲で、出来ることをする話になるみたいです。

読書,諫山創諫山 創,講談社,講談社コミックス,講談社コミックス 週刊少年マガジン,進撃の巨人

進撃の巨人28

うん?
結局この謎のエレンの動きというのは、ジークと話して示し合わせたということでいいのかな。

純粋な悪なんてないので、ジーク自身も背負っているものがある。

着地地点は、あるのか?

読書,諫山創諫山 創,講談社,講談社コミックス,進撃の巨人

進撃の巨人27

見えている(否応なしに見せられてしまった)景色によって、考え方や生き方が、変化させられていってしまう。
当たり前といったら当たり前のことではあるのだが、その変化が自分の知っている人に、劇的に訪れてしまったら、何でそんなことになったのか、人には理解できないと思います。

それを裏と表の両面からかこうとしている、この作者は、天才ですねぇ。