読書,赤桐裕二スモール出版,トランプ,トランプゲーム大全,ボードゲーム,赤桐 裕二

トランプゲーム大全

消えたので、書き直しです。
完全に消えているので、うろ覚えですが。

えーと、最近というか、ここ数年ボードゲーム関係の書籍はあんまり読んでなかったのですが、実は、ずーーっと、この本を前から順番に読んでました。
まあ、本というよりは、事典ですね。
圧倒的なボーリューム。

これ1冊あれば、多分、一生トランプゲームには困らないのではないかと。
まあ、これを読んで遊んでみる実用書的な感じでもないです。いや、遊べるようには書いてあるのですが、遊びやすいようには書いていないです。

でも、トランプのルールとかって、どんどん変化していったり、散逸してなくなったりするので、貴重な資料です。

ボードゲーム,南雲夏彦,本間晴樹,草場純,読書カタン,グランペール,グランペールライブラリー,ゲーム探検隊-改訂新版-,ボードゲーム,南雲 夏彦,本間 晴樹,歴史,草場 純,赤桐 裕二

ゲーム探検隊-改訂新版-

ボードゲームのお話…といっても、もともと20年ぐらい前の本で、カタンもなかった時代の本なので、取り扱われているゲームは、伝統的なゲームがほとんどです。
でも、こういう考え方は、今のゲームでも、ものすごく通用するなぁと思いました。

わたしは、あんまり頭が良くないので、ゲーム理論までいってしまうとわからなくなってしまいます。
でも、けっこう面白かったです。

草場 純さんの知識というのは、これから、100年後、200年後のために絶対に本にして残しておくべきものだと思います。

ぜひ、世界中の、日本中の、いろいろなゲームの遊び方の本を執筆していただきたいです。
あと、巻末コラムの「歴史は遊ぶ」みたいなウンチク話も、いっぱい聞きたいです。