読書,谷口忠大ビブリオバトル,文春新書,文藝春秋,谷口 忠大

ビブリオバトル 本を知り人を知る書評ゲーム

これ、見るからに楽しそうです。

仕事で使えないか、検討中。
まぁ、あとは上司の頭がどれだけ柔らかくて、いろくなところにアンテナを伸ばせるかどうかですよねぇ。

今日、ちょっと話したらルール崩せ的なことを言ってました。
うーん、それではあんまり意味がない……というか、楽しくないなぁ。

まぁ、最終的には、上司関係なく、環境を無理矢理作って、やりたいことをやるというのが、わたしのスタイルではあるのですが。

まぁ、できることなら、楽しくやりたいですねぇ。

あと、前後の小説部分は、ちょっと蛇足かなあと思った。
この部分があるから、この本を手に取らない層もいるのではないかと思った。