島本和彦,読書ビッグバンプロジェクト,マンガ,島本 和彦,島本和彦 漫画全集,必殺の転校生,華麗なる挑戦者

必殺の転校生/華麗なる挑戦者 島本和彦 漫画全集

「アオイオノオ」と同時進行で読むと2度楽しい「必殺の転校生」です。

わたしの島本 和彦体験の原点は「炎の転校生」で、そのさらに原点的な作品ということで、好きです。
まあ、この頃から、「元気のでるマンガ」ですよねぇ。

今も昔も、島本 和彦のマンガに期待していることは、ひたすら「元気ができること」です。
そして、その期待に、答え続けてくれていると思います。

こうやって読むと、まあ本当に「穂脳の転校生」そのままで、2回かいたのかよ…とか思ったりもしますが、自分の信じることを何回もマンネリとか気にせずにかいていくのが、巨匠の条件だと思ったりもします。
まあ、読み切りから連載にもっていくジャンプ的な感じですよねぇ。