読書,CLAMP聖伝-RG VEDA-,角川グループパブリッシング,角川書店,CLAMP,CLAMP CLASSIC COLLECTION

聖伝-RG VEDA-5 愛蔵版 CLAMP CLASSIC COLLECTION

「聖伝」終了。
そして、「CLASSIC COLLECTION」としても完結。

「聖伝」ではじまって、「聖伝」で終わりですね。

今回、初めて気づいたのは、孔雀の過去がバックにながれていたことですね。てっきり、阿修羅の過去とばかり思っていた。まぁ、実は後半のこのあたりは、以前読んだときは、けっこう飛ばし読みだったかも。
これがしっかりと読めていなかったので、孔雀が阿修羅にいろんなことを賭けていたことを読み切れていなくて、最後まで、孔雀が謎のキャラでした。ただの不思議な人だと思っていた。

オチとしては、「レイアース」の第1部のラストと同じような展開でした。
まあ、あっちは、第2部に続くということで、

「こんなのって こんなのってないよー!!」

という、主人公の絶叫で終わるという衝撃的な最後1でしたが、こっちは、それはよりは、ハッピーエンドっぽい感じに終わっています。
いや、本当にハッピーエンドかどうかは、微妙なんですけどね。
多分、以前読んだときは、わたしが、

「こんなのって!!」

と思った気がします。
そして、昔は、帝釈天、実はいい人だったみたいな、悪なんてやっていることのみかた次第の相対的なものだみたいな結末だと思っていました。

思っていたのですが、今回読んでみて、あれですね……。
実は、でも、もう1回ひっくり返して、自分の欲望や約束にだけこだわっていたら、今まで自分が拠り所にしていた世界を壊してしまうよという話だったのかもと思ったりしました。
帝釈天もそうなのですが、夜叉も実は、阿修羅を選んだことで一族を滅ぼしてしまった。

それを、心の強さとみるか、自分勝手さとみるか、欲望に流されているとみるか、それは、それぞれの取り方次第です。
多分、年代によっても変わってくるのかも。

  1. 当時、わたしは大人でしたがトラウマレベルでした。第2部のモコナ正体も衝撃でした。 []

読書,CLAMP聖伝-RG VEDA-,角川グループパブリッシング,CLAMP,CLAMP CLASSIC COLLECTION

聖伝-RG VEDA-4 愛蔵版 CLAMP CLASSIC COLLECTION

キャラクター、人間関係が、本当に計算されて配置されています。

というか、昔読んだときは、本当に定規で引いただけなんじゃないかと感じていました。そこが、若干、不満だったりもしていたのですが、それは、無駄な配置がないということだな~と、今読むと思います。

読書,CLAMP聖伝-RG VEDA-,CLAMP,CLAMP CLASSIC COLLECTION

聖伝-RG VEDA-3 愛蔵版 CLAMP CLASSIC COLLECTION

パターンの生み出す様式美と過剰な言霊が生み出すミスマッチとが、しびれたんです。
パターンを踏襲しながらも、どこかで必ず読者を裏切ろうとしているそんな反骨精神がある気がします。

そんな時代。

読書,CLAMP聖伝-RG VEDA-,角川書店,CLAMP,CLAMP CLASSIC COLLECTION

聖伝-RG VEDA-2 愛蔵版 CLAMP CLASSIC COLLECTION

このあたりの話って、本当にかっちりつくってあるな~と思います。

それと同時に、それ故に化、どっかで読んだ話だな~とも、感じていました。うまいけど、新しさがない。
新しさはないけど、よく考えたら、今までの話とどこか違う。今まで読んだことのある話よりも、ずっと救いがなかったりするんですけどね。

その 変な感じが、CLAMPの魅力でした。

読書,CLAMP聖伝-RG VEDA-,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川書店,CLAMP,CLAMP CLASSIC COLLECTION,Wings

聖伝-RG VEDA-1 愛蔵版 CLAMP CLASSIC COLLECTION

懐かしいな~。
ここから、CLAMPを読み始めたのです。

このあたりのきっちりした作り方が、けっこう好きです。実は、ひどいお話が多かったりしますけど。

このころのWingsは、ほんとにレベル高かったですよねぇ。