津田雅美,読書津田 雅美,白泉社,紫堂 恭子,花とゆめコミックス,eensy-weensyモンスター

eensy-weensyモンスター2

完結です。

テーマは、紫堂 恭子の物語と同じ感じです。自分自身の暗黒面といかに向き合うか。それを否定するのではなく。
なのですが、これを現代劇でここまでストレートにできるというのが、驚きでした。

でも、本当に、自分すら受け止められないまるごとを自分を受け止めてくれる相手がいたら、それは理想の相手だと思います。

さて、津田 雅美が、次にどんな作品をかくのか、楽しみです。

紫堂恭子,読書ミチャオKC,紫堂 恭子,聖なる花嫁の反乱,講談社

聖なる花嫁の反乱2

何の犠牲もなしに、成り立つ平和はないのだけれど、エーレの平和が何を犠牲にしているかは、けっこう奥が深そうです。

何かを犠牲にしなければならないとき、その差し出したものについては、本当にそれで良かったのかと考え続けていかなければなりません。

紫堂恭子,読書ソノラマコミックス,朝日新聞社,王子の優雅な生活(仮),眠れぬ夜の奇妙な話コミックス,紫堂 恭子

王子の優雅な生活(仮)1

けっっこう、したたかな王子さまのお話です。

思ったより、コメディでないのは、この人の持ち味ということで。

紫堂恭子,読書ファンタジー,マンガ,ミチャオKC,紫堂 恭子,聖なる花嫁の反乱,講談社

聖なる花嫁の反乱1

すごい題名ですね。
わたしは、手帳にこの本の題名と発売日をメモしてあったのですが、書いたことをすっかり忘れていて、手帳を見て、

「なんじゃこりゃ??」

と思ってしまいました。

「聖なる花嫁」だけなら、宗教的なものか、ファンタジーっぽいのですが、後に「反乱」がついていますからねぇ。

本屋で、紫堂恭子のマンガを見つけて、やっと、納得しました。

そして、読んでまた納得。

聖なる花嫁が、反乱しています(笑)

深刻で、ヘビーな本格ファンタジーなのですが、主人公が元気で、重くなりすぎずにいい感じです。

続きが楽しみです。

アーシュラ・K・ル・グウィン,読書Ursula K. Le Guin,ゲド戦記,ソフトカバー版 ゲド戦記,ファンタジー,子ども,岩波書店,影との戦い,推理小説,映画,紫堂 恭子

影との戦い ゲド戦記1

わたしは、よく考えると「ナルニア」も「ゲド」も、映画になるまで読んでないんですね。

自分が、ファンタジー読みだと思っていたのですが、実は、古典的なものにあんまりふれていないことに最近気がついてきました。
いろいろ周辺の解説なんかを読んで、知識はあるんですけどね。

まあ、今から読めばいいか(爆)

ということで、ゲド戦記の1巻目です。

第一印象。

「あぁ、地味だ(爆)」

自分の中で、ものすごく期待が膨らみすぎていたのかもしれません。
昔から、「名作」と聞いていた、あのゲド戦記です。名高いル・グウィンです。

でも、ちょっと待て。わたしは、ル・グインを昔読んだことがある。
サンリオSF文庫の「辺境の惑星」です。確か、竹宮 恵子の表紙にひかれて購入した。
でも、その本は、今はない。
そして、ル・グウィンを読み続けてはいない。
なんでだ???

もしかすると、そのときの印象も、「地味」だったのでは……。

以下、ネタバレありです。

アーシュラ・K・ル・グウィン,Ursula K. Le Guin,
清水 真砂子
岩波書店
発売日:2006-04-07