田村由美,読書ボクが泥棒になった理由,小学館,小学館文庫,田村 由美,白倉 由美

ボクが泥棒になった理由4

嫌いじゃないけど、優先順位は低めで進まないシリーズです。

なぜか、ウサギの着ぐるみを見て白倉 由美のリーディングストーリーの三木 モトユキ・エリクソンを思いだし(あれは、熊だった気もしますが)、エリクソンの名前が、どこからきたのかふと思いついた。

今読んでいることや、知っている知識が、ふとしたきっかけで繋がる瞬間。面白い。

田村由美,読書ボクが泥棒になった理由,子ども,小学館,小学館文庫,田村 由美

ボクが泥棒になった理由3

子どもかくより、(戦ってる)女の子かいていた方が、しっくり来る気がする。
そういう意味では、龍三郎は、狂言回しに割と徹している感じです。

前も書いた気がちょっとするけど、子どもって、自分のイメージでは、これぐらい大人びているつもりだったりするんですけどね。

田村由美,読書ビショップの輪,小学館,小学館文庫,田村 由美

ボクが泥棒になった理由1

龍三郎は、かわいいと思います。
これを読んで、子どもが、がんばっていこうと思うのは、とっても素敵な事ですが、大人がこれを読んで、

「龍三郎みたいな子どもが欲しい…」

みたいな、都合のいい事考えるのは、いやだなぁと思いますが。

田村由美,読書ビショップの輪,小学館,小学館文庫,田村 由美

ビショップの輪

これ、シリーズとして短くて、多分、失敗作かもしれないと思うのですが、けっこう好きなんです。

人間の姿ではあえない恋人。鬼を封じる旅。両方の要素が好きです。あと、田村ヒロインにしては、女の子っぽい、カナも好きです。気はやっぱり強いけど。

このまま、外伝とか、時代劇の方にいってもおもしろかったとおもうのです。

田村由美,読書天使かもしれない,小学館,小学館文庫,田村 由美

天使かもしれない

「のーこ」シリーズだそうですが、正確には、「のーことつるちゃん」シリーズです。
脳天気に見えて、けっこうシビアな女の子のーこが、主人公。田村 由美には珍しく、事件に巻き込まれる感じのお話が多かったです。

この人、けっこうなんでも描けるなぁ。