ジョージ・R・R・マーティン,岡部宏之,読書ジョージ・R・R・マーティン,ハヤカワ文庫,戦争,早川書房,氷と炎の歌,王狼たちの戦旗

王狼たちの戦旗 下 氷と炎の歌2 改訂新版

タマネギ騎士ダヴォスのかっこよさにクラクラしております。

まあ、どこの王家の下につきたいかと言えば、どう考えても、レンリーのところですけどねぇ。一番、王様としてまともそうな気がします。
あっという間に、崩壊したけど……。

ロブのところは戦争ばっかりしてるし、ラニスター家も、スタニスのところも、グレイジョイ家も、過ごしやすそうではないからなぁ。

まぁ、デナーリスのところは憧れないこともないけれど、多分、生き残るのは一番過酷そうです。

ジョージ・R・R・マーティン,岡部宏之,読書ジョージ・R・R・マーティン,ハヤカワ文庫,早川書房,氷と炎の歌,王狼たちの戦旗

王狼たちの戦旗 上 氷と炎の歌2 改訂新版

読み直しです。
でも、先のストーリーを知って読んでいても面白い。というか、先のストーリーを知っているからこそ、楽しめる部分というのがあって、これ、本当に名作だと思います。

そろそろ、第3部のDVD、ブルーレイも出たのかな?

ジョージ・R・R・マーティン,岡部宏之,読書ジョージ・R・R・マーティン,ハヤカワ文庫,早川書房,氷と炎の歌,王狼たちの戦旗

王狼たちの戦旗5 氷と炎の歌2

小説読んでいる人間からしたら、ティリオン、ものすごくかっこいいと思うんですよ。

シェイに対しても、ポッドに対しても。

でも、世間から嫌われるのはティリオン。
この皮肉。

そして、金と権力があるかぎり、いつも、ビクビクしていなければならないという皮肉。

すごい世界です。

そして、いつも怒濤で物語が動いています。

ジョージ・R・R・マーティン,岡部宏之,読書ジョージ・R・R・マーティン,ハヤカワ文庫,早川書房,氷と炎の歌,王狼たちの戦旗

王狼たちの戦旗4 氷と炎の歌2

魅力的なキャラクターは、多面性を持っています。

サーセイとかも、ジェイムとかも、ときにけっこう魅力的だなぁと思います。
そして、その魅力に、敵であるはずの人物までも、時にクラクラしてしまう。
その書き方がうまいですよねぇ。

ハウンドとサンサとか、これからどうなるのか、気になります。

ジョージ・R・R・マーティン,岡部宏之,読書ジョージ・R・R・マーティン,ハヤカワ文庫,早川書房,氷と炎の歌,王狼たちの戦旗

王狼たちの戦旗3 氷と炎の歌2

魅力的なキャラクターが、どんどんでてきますねぇ。
アシャに、ブリエンヌ。
この人の引き出しは、どうなっているのかと思います。

そろそろ、第2部のTVドラマ、見るか?