さくらももこ,読書さくら ももこ,ひとりずもう,小学館,漫画版ひとりずもう,BIG SPIRITS COMICS SPECIAL

漫画版ひとりずもう 下

そして、自分の中にエッセイの才能を見つけて……。
エッセイストではなく、エッセイマンガ家になるという。

この話の凄いところは、時間の流れがちゃんとあることですね。そして、その成長が、ちゃんと絵でも表されています。

さくらももこ,読書さくら ももこ,ちびまる子ちゃん,ひとりずもう,マンガ,大島 弓子,小学館,漫画版ひとりずもう,BIG SPIRITS COMICS SPECIAL

漫画版ひとりずもう 上

さくら ももこの自伝的マンガ(?)「ちびまる子ちゃん」の続編的な物語です。
でも、お話のトーンはちょっと違います。

「ひとりずもう」というコメディっぽいタイトルから、「ちびまる子ちゃん」的なコメディを思い浮かべていたのですが、これって、思春期のモヤモヤみたいなのがテーマになっています。
少女マンガっぽい。というか、ちょっと大島 弓子っぽい。
多分、絵柄は違うけど、さくら ももこが目指していた少女マンガって、こういう感じだったのではないかなぁと思ったりします。
そして、タイトルは、たしかな「ひとりずもう」で、ピッタリなタイトルなのです。すごい言語感覚だと思います。

小学5年生から高校まで。この時期って、そうだよなぁと思わせるエピソード満載です。
地味な青春だったと思える人ほど、共感できるのではないかなぁ。