渡瀬草一郎,読書アスキー,アスキーメディアワークス,渡瀬 草一郎,源氏 物の怪語り,源氏物語,陰陽師

源氏 物の怪語り

陰陽師と物の怪がらみの「源氏物語」というか、紫式部もの。
でも、これは、楽しかっです。

で、この時代のお話らしく、物語の要所要所に、ちゃんと和歌が入ってくる。
すごいうまいつくりです。

同じテーマの「源氏物語」よりも、こっちの方が好みですねぇ。

まあ、口絵の紫式部は、かわいいけど、ちょっと若すぎる感じがしまけどね。
一児の母には見えない。

あと、この人の話を読んでいて、安倍吉平は、あやかしに甘いとか書いてあるのを読むと、思わずニヤニヤしてきますね。
あぁ、同じ世界にいるんだなぁ、彼らもとものすごくさりげなく感じられるのがいいです。

渡瀬草一郎,読書アスキー,アスキー・メディアワークス,メディアワークス,渡瀬 草一郎,陰謀,陰陽ノ京,陰陽ノ京 風月譚,雪逢の狼

雪逢の狼 陰陽ノ京 風月譚

今回も、いいお話でしたね~。
風月譚で、風は光榮、月は兼良で、2人が主人公とか思っていたのですが、活躍しているのは、ほぼ光榮ですね。

しかし、大元の「陰陽ノ京」のお話が始まってから、驚くぐらい少ししか時間が経過していないのがわかりました。
この年、京の町は、大混乱の年ですね。

このすべてが、陰陽寮に権力を集中させようとする賀茂の長老あたりの陰謀だったりして……。

渡瀬草一郎,読書アスキー,アスキー・メディアワークス,渡瀬 草一郎,角川グループパブリッシング,陰陽ノ京,陰陽ノ京 風月譚,黒方の鬼

黒方の鬼 陰陽ノ京 風月譚

この人の「陰陽ノ京」のシリーズ好きなんです。
とかいいつつ、実は、この人の作品「陰陽ノ京」シリーズしか読んでないのですが。

これはそのサイドストーリーみたいなお話です。主人公が、加茂 光榮。雰囲気は、同じでうれしいです。話の展開自体は、なんとも、のんびりした感じです。
まだ、1巻目ということで、みんな顔見せ的な意味もあるのかなぁと思います。

前作からは、2~3年たっての刊行です。
まぁ、ゆっくりのペースでいいから、これからもかき続けてくれて、「陰陽ノ京」の続きも、読めたらいいなぁ。

渡瀬 草一郎
アスキー・メディアワークス,角川グループパブリッシング
発売日:2009-12-16
 

渡瀬草一郎,読書あ・そ・ぼ,メディアワークス,渡瀬 草一郎,陰陽の京,陰陽ノ京,電撃文庫

陰陽ノ京5

ねぇさんが、通勤中に読む本を見繕っていて、このシリーズ、けっこう楽しかったよなぁとオススメしました。

で、4巻まで読んで、

「続きないの~?」

の声。

「えーと、ないと思いますが…」

といいつつ、アマゾンで検索かけてみると、5巻目が出ていました。それも、ちょっと前に。

前巻をわたしが読んだのが、「あ・そ・ぼ」で、本の感想を書く前ですから、3年ぐらい間があいています。
でも、その3年を感じさせない、いい雰囲気でした。

いや、かわったところもあるか?
ずっと、吸精術に苦しんでいた保胤ですが、今回は、その吸精術にも、幾ばくかの救いを持たせた感じです。

まあ、なんで鶴楽斎が、渡会祥元の家をおそったのかとかは、

「とんちかい!!」

とか思ってしまいましたし、白面(とは書いてなかったか?)については、やっぱり国1つ滅ぼしてきてるとしたら、ここまで穏やかではないだろう……とか、思いましたが、なんとも、いいテンポで進んでいく物語は、やっぱり健在です。

まあ、3年もたつと、話をだいぶん忘れていて、貴年が女の子だっていうことは、保胤も知らなかったんだっけ?とか、あやふやなところもあったのですが。

わたしの中では、時継は、生け贄のために育てられた姫君という設定だったのですが……そんな設定もわたしが勝手に想像しただけだったのか……。

まあ、いろいろ謎は残りますが、これからも、これぐらいのペースでいいので、続いて欲しい物語です。