ソード・ワールド,清松みゆき/グループSNE,読書,RPG,xSグループSNE,ソード・ワールド,ソード・ワールドRPGリプレイ集,富士見ドラゴンブック,富士見文庫,富士見書房,清松 みゆき,猫の手超人王、激闘!,RPG,xS

猫の手超人王、激闘! ソード・ワールドRPGリプレイ集xS 4

ソード・ワールドRPGの最後を飾るリプレイです。
しまった、Waltが先に完結するはずなのに、読むのを忘れていました。

最後、派手な大戦闘は、お話的にはどうなのよと思わない訳でもなかったですが、でも、エンディング綺麗な感じで良かったです。

あとは、Walt。そして、小説は、いよいよアトンと対決かな。

ソード・ワールド,清松みゆき/グループSNE,読書,RPG,xSグループSNE,ソード・ワールド,ソード・ワールドRPGリプレイ集,ロードス島戦記,富士見文庫,富士見書房,清松 みゆき,猫の手お気楽娘、幻惑?,RPG

猫の手お気軽娘、幻惑? ソード・ワールドRPGリプレイ集xS 3

「ロードス島戦記」も終わり、リウイも最終刊が出る(出た?)みたいです。

フォセーリアの世界全体のグランドフィナーレがもうすぐそこまで……いや、もうグランドフィナーレ迎えているけど、わたし的には、もうすぐ。

2.0に移行する(できる)かどうかは、謎ですねぇ。購入はしているけど、スピードが追いついてないしなぁ。

ハイロードは、世界をお救いになる人なのです。
おぉ、まさに、英雄じゃないですか(笑)

清松みゆき,篠谷志乃/グループSNE,読書グループSNE,ソード・ワールド,ソード・ワールドRPGリプレイ集,富士見ドラゴンブック,富士見文庫,富士見書房,新ソード・ワールドRPGリプレイ集,清松 みゆき,篠谷 志乃,RPG

Waltz4 誘拐・ヤキモチ・すれ違い 新ソード・ワールドRPGリプレイ集

いいところは、安定しているところ。
不満なところは、安定しているところ。

てなことを、前巻の感想に書いていましたが、最終回に向けて、物語が大きく動き出した感じです。

これは、楽しい。

人間関係も、動き出しています。

RPGの醍醐味だと思います。

ソード・ワールド,ソード・ワールド・サポート,清松みゆき/グループSNE,読書,RPGグループSNE,ソート・ワールド・サポート,ソード・ワールド,新紀元社,清松 みゆき,Role & Roll Books

ソード・ワールド・サポート1 異種族、組織、信仰(光の神々)

結構謎に包まれていたグラスランナーの生態が明らかに。
相変わらず、2.0に進めない私です。

しかし、ハーフはなんでエルフとの間だけなんだろうというのは、永遠の疑問。

清松みゆき,篠谷志乃/グループSNE,読書グループSNE,ソード・ワールド,ソード・ワールドRPGリプレイ集,富士見文庫,富士見書房,新ソード・ワールドRPGリプレイ集,清松 みゆき,篠谷 志乃,RPG,Waltz

Waltz3 駆け込み・厄災・学者サマ 新ソード・ワールドRPGリプレイ集

いいところは、安定しているところ。
不満なところは、安定しているところ。

よくも悪くも、安定しています。
舞台が、テン・チルドレンなのも、自分的には安定の原因の1つかも。1番最初に読んだソード・ワールドは、テン・チルドレンが舞台でした。もっとも、はじめは、そんな設定もなかったのかもしれませんが。

まあ、レベルにあわせて、お話が大かがりになってきたのは、単純に楽しいです。