いがらしゆみこ,水木杏子,読書いがらし ゆみこ,キャンディ♡キャンディ,リアル,中公文庫,中公文庫コミック版,中央公論社,水木 杏

キャンディ♡キャンディ6

完結編。

いやぁ、読むたびに、やっぱりおもしろいわと思います。
「ウィリアム大おじさま」が、身内からも、社交界からも、一切姿形すら秘されていたのは、なんででしたっけ?
遺産が莫大すぎて、命狙われるとか?
とかの疑問は残るのですが。

中島 梓の解説は、まったくその通りです。これ絶対後世にも残っていくポテンシャルを持った作品です。
だからこそ、今、封印作品として読めない状態であるというのが、残念です。

ちなみに、今、アマゾンを見てみたら文庫本全6巻(古本)1万円ぐらいでした。

そういえば、確か日本は養女の結婚はダメだったと思うのですが、この世界では大丈夫なのかな?
いや、結婚はしていないか。

ちなみにわたしは、パティ派です。