宮川総一郎,松本零士,読書子ども,松本 零士,松本零士 創作ノート,KKベストセラー

松本零士 創作ノート

話の展開自体は、けっこう、脈略ないところもないことはないのですが、まあなんせ、「かっこいい」のです。

もはや、松本 零士が、本当にかっこいいのか、子ども時代から松本 零士を読んできたから、価値観がそうかたちづくられてしまったのかはわからないです。
それぐらい、松本 零士でできています。