木原敏江,読書大正浪漫探偵譚,大正浪漫探偵譚文庫,木原 敏江,集英社,YOU特別編集

四十七文字 大正浪漫探偵譚文庫1

大正浪漫探偵譚の方は、元の本が完結する前に文庫が出だして、文庫の方は完結するのか、ちょっと心配していました。
全4巻。ちゃんと完結してよかったです。

ずっと、「いつも、『合掌』で終わる」と思っていたのですが、最初の数話は、「合掌」なかったんですね。
今回、読み返して、はじめて気づきました。

木原敏江,読書仏蘭西浪漫探偵譚,大正浪漫探偵譚,木原 敏江,水晶と天鵞絨,集英社,YOU特別編集

水晶と天鵞絨 仏蘭西浪漫探偵譚文庫

文庫版で「大正浪漫探偵譚」シリーズがとうとう完結ということで、こっちから、順番に読んでいきます。

「大正浪漫探偵譚」シリーズの方の決めぜりふは、

「合掌」

でした(笑)
今回、そういえば、こっちのシリーズにも決めぜりふがあっただろうとか思って読んでいたところ、

「愛してるよ おくさん」

が、毎回の決めぜりふでした。
まっとうすぎて、けっこう、覚えてなかったという。

合掌……は、強烈すぎですね。

木原敏江,読書プリンセス・コミックス,マンガ,悲歌-elegie-,木原 敏江,杖と翼,杖と翼番外編,秋田書店

悲歌-elegie- 杖と翼番外編(1)

「杖と翼」の番外編です。
逃がし屋の2人が、活躍する連作短編。

しかし、日本人がフランス革命に詳しいわけは、やっぱり、良質なマンガがあったからだと思います。

タイトル、eの上には、最後のe以外には、強調(?)の記号が付いています。

木原敏江,読書夢の碑,木原 敏江,秋田文庫,秋田書店,銀河荘なの!

銀河荘なの!

吸血鬼もの。
お耽美系ということで、ポーの一族とか、そんなのが流行っていたのかなぁと思わせられます。

時代は感じるのですが、でも、これも木原 敏江がずっとかいてきた異類との恋のお話だなぁと思いました。これが、「夢の碑」のなかに入っていても、まあ、そんなにおかしいこともない気がします。

でも、本当に、木原 敏江は、わたしの琴線に触れます。なんでかよくわからないのだけれど。

読書,青池保子エロイカより愛をこめて,木原 敏江,秋田文庫,秋田書店,青池 保子

エロイカより愛をこめて21

この人も、なんか木原 敏江と同じぐらい軽やかになってきたな。
しかも、今回のケルトの話の流れ。エロイカの路線と少佐の路線が交差していくところなんて、めちゃくちゃ美しいです。

なんか、今まで惰性で読んでいたところもあるのですが、おもしろいわ、コレ。