今市子,読書ミステリー,今 市子,朝日コミック文庫,朝日新聞出版,百鬼夜行抄

百鬼夜行抄12

話が複雑になってきて、それにともなって律の物語への関わり方がちょっとワンポイント的になってくると、途端に難しくなってストーリーが追えなくなってしまいます。
つくづく、ミステリー脳ではないなぁと。

割と因縁のある家は、飯綱家だけではないですね。

今市子,読書ホラー,マンガ,今 市子,朝日コミック文庫,朝日新聞出版,百鬼夜行抄,

百鬼夜行抄11

消えたので、書き直しです。
完全に消えているので、うろ覚えですが。

このマンガの本当に怖いところというか狂気は、それでも、ほのぼのしたところがあるというところではないかと思います。

非日常でおこるホラーではなくて、日常の中でパクッと口をあけている異界みたいなところがあって、現実と地続きのように感じてしまいます。

苅谷剛彦,読書学力と階層,政治,教育,朝日文庫,朝日新聞出版,苅谷 剛彦

学力と階層

消えたので、書き直しです。

今も、びどい政治によって、めちゃくちゃにされている教育現場ですが、それが21世紀になったときから、着々と進行していたということがわかる一冊。怖い。
政治は極力、教育の世界には介入すべきではないというのがよくわかる。

この感想を書いたの、新型コロナ前なんですよねぇ。
そして、状況はさらに悪化しているという。オンラインの世の中、どんどん、家庭の収入や状況によって、特に初等教育はものすごいダメージを受けています。

多分、先生になる人材も、どんどん先細りしている。

わたしは、教師というのは楽しい仕事だし、やりがいのある仕事でもあると信じていますが、それだけでは、どうしようもない状況に向かっている感じがします。

志水アキ,読書クトゥルー,ホラー,志水 アキ,朝日新聞出版,雛接村,Nemuki+コミックス

雛接村

ホラーな志水 アキ。
ちょっと、クトゥルーっぽいかな。

霧子が救われたのが、霧子の美しさ故だとしたら、母は正しかったことになったりするというところも、ちょっとホラー。

今市子,読書今 市子,朝日コミック文庫,朝日新聞出版,百鬼夜行抄

百鬼夜行抄10

なんというか、開さんとか見ていると、まあ、こういう仕事は必要かもねぇと思ったりします。
で、力の強さと現実での仕事の力量というのは、違うもんだなぁと。

そのあたりや、いろんなところ、今 市子は、容赦ねぇなぁ。