読書,高橋留美子たがみ よしひさ,小学館,少年サンデーコミックス,日渡 早紀,犬夜叉,高橋 留美子,MAO

MAO1

「炎トリッパー」、「犬夜叉」に続く、タイムスリップヒーローもの。
なぜか、ヒーローものをかこうとすると、どうしても、タイムトラベルものになるようですねぇ、高橋 留美子。無意識かな。ちなみに、たがみ よしひさは、長編を書こうとするとヒロインが年上になりがちという不思議な現象がおこっていました。最近の日渡 早紀の早過ぎる出産とか、なんか、こだわりポイントがそれぞれにあるみたいですねぇ。

さて、はじまったばかりの大正怪奇ロマン。まだまだ、キャラクターの顔見せです。

日渡早紀,読書ボクを包む月の光,日渡 早紀,白泉社,花とゆめコミックス,記憶鮮明

ボクを包む月の光15 ぼく地球 次世代編

「ボクを包む月の光」完結。
そして、まさかのその先に。

いや、この話始まったときは、まさか親の世代まで巻き込んでここまで大きな話になるとは想像も出来なくて、ビックリしています。

最初は、大丈夫かと心配していたぐらいだったのですが、そんな心配を思いっきりはねのけて、どんどん前に前にと進んで行きます。

日渡早紀,読書ボクを包む月の光,日渡 早紀,白泉社,花とゆめコミックス,記憶鮮明

ボクを包む月の光14 ぼく地球 次世代編

何もかも、物語の何もかもをつないでしまった感じがありますねぇ。
まさか、この「ボクを包む月の光」が始まったとき、ここまで大きな話になるとは思ってもいませんでした。

「記憶鮮明」の続きでもあるのだなぁと、久しぶりに思い出しました。

日渡早紀,読書ボクを包む月の光,日渡 早紀,白泉社,花とゆめコミックス

ボクを包む月の光13 ぼく地球 次世代編

なんかものすごく大事になってきた「いれぎゅらーばうんど」です。
今回の見所は、しかし、シリアスな話が続く中、輪の中に木蓮が宿るところですね。爆笑しました。

日渡早紀,読書ボクを包む月の光,日渡 早紀,白泉社,花とゆめコミックス

ボクを包む月の光12 ぼく地球 次世代編

気がついたら、前巻読んでから5年たっていた。どんどん、年がたつのが速くなります。
そして、さらに新しい物語も始まったみたいです。

でも、これぐらいの時間感覚が、この物語にはいいのかも。と、勝手に思っておこう。