原田実,読書トンデモ日本史の真相,原田 実,文芸社,文芸社文庫,日本史,歴史

トンデモ日本史の真実 人物伝承編

前のよりおもしろかった。

でも、コレ読んでも、

「へーー」

ぐらいにして、真に受けてはいけないとは思う。
なぜなら、これは、「一次資料を読めば、こうだよと」と書かれている本を読んだに過ぎなくて、実際に一次資料に全くあたってはいないから。
だから、もしかするとこの本の一次資料と呼ばれるもの自体が、もしかしたらねつ造歴史かもしれない。
それは、一次資料にあたってみればわかること?でも、実際に、そんなものを実際に自分で読みにいく時間も、興味もなかったりする。

だから、これだって実は今の僕にとっては、ねつ造歴史記事と同じレベルにあるんだよ。
そのことは、心のどこかには、置いておかないといけない。

そして、結局自分が選ぶのは、自分にとって受け入れやすかったり、楽しかったりすることなんだろうなぁと思った。

原田実,読書トンデモ日本史の真相,原田 実,文芸社,文芸社文庫,日本史

トンデモ日本史の真実 史跡お宝編

う~ん、ジンギスカンは、源 義経でなかったと言われてもなあ~。
そんなもんだろう。

有名なところは、そんな感じ。
無名なところは、へ~、そんな話し合ったんだ……、という感じ。

「ジンギスカンは、源 義経じゃなかった!」

というのは、

「ジンギスカンは、源 義経だった!」

に比べると、どうしてもインパクトが弱くなりますよね。

まあ、それが珍説が世界にあふれる原因かもしれないけれど。