大塚英志,読書大塚 英志,徳間書店,手塚治虫が生きていたら電子コミックスをどう描いていただろう

手塚治虫が生きていたら電子コミックスをどう描いていただろう 大塚教授の漫画講座

いつものキャラクター論で、それはそれでそれなりにおもしろいです。

で、おもしろいのですが、題名の話を期待していたので、ちょっと期待はずれ感がありました。
そして、多分、わたしにとってピッタリなのだが、今の読者からは作品が古くなりつつあると思う。明らかに。

古典に古典としての価値があるとしても、もうちょっと、今をいれてきてもいいのかも。