篠田耕一,読書妖怪,幻想世界の住人たち,新紀元文庫,新紀元社,篠田 耕一,Truth In Fantasy

幻想世界の住人たち3 中国編 Truth In Fantasy

主に、中国妖怪を紹介する3巻目。
漢字が象形文字で、表語文字だということと、中国妖怪のイメージって、やっぱり結びついているんだろうなぁと思います。

はじめは、音だけの妖怪でも、多分、名前をつけてそこに漢字をつけたことで新たな意味が付加されていったということはあるみたいです。

健部伸明,怪兵隊,読書健部 伸明,幻想世界の住人たち,怪兵隊,新紀元文庫,新紀元社,Truth In Fantasy

幻想世界の住人たち2 Truth In Fantasy

けっこう、覚えていないなぁと。
でも、ときどき、自分の中に謎の知識があって、読み返してみたら、ここからだったのか~というのもあって楽しい。

この20年ぐらいの間に、けっこう身近になったものもあるなぁと感慨深いです。

健部伸明,怪兵隊,読書健部 伸明,幻想世界の住人たち,怪兵隊,新紀元文庫,新紀元社,Truth In Fantasy

幻想世界の住人たち Truth In Fantasy

懐かしい。
ここから、「Truth In Fantasy」が、始まったんだよね~。京都のブックストア談に、いそいそと買いに行っていた頃を懐かしく思い出します。
あの頃の談の3階は、本当に、欲しいものがいっぱい置いてありました……(遠い目)

今回、全部、文庫になるのかな?なって、ほしいですが、でる順番がバラバラなので、売れそうなヤツだけかな?
こういう、無駄知識な本、大好きです。