岩明均,読書アフタヌーンKC,ヒストリエ,岩明 均,講談社

ヒストリエ3

おぉ、記録が残っている。
前巻を読んだのが、10年以上前か……。

うーん、次の巻読むのも10年後かも。そう思いつつ、読み続けたいとは思うのです。

岩明均,読書アフタヌーンKC,ヒストリエ,子ども,岩明 均,講談社

ヒストリエ2

本質的なところは、かなり幼い時点で、決定されているのかもしれません。

でも、それを隠して、理想を目指すことが出来るのも、人間のおもしろいところです。

エウメネスは、子どもの時点で、それぞれの人間に対する処方を知っていたかのようです。

岩明均,読書アフタヌーンKC,ヒストリエ,岩明 均,講談社

ヒストリエ1

まあ、1番怖いのは、実は人間かもしれないというお話になるんでしょうか?

いきなり、途中から過去編に入ってしまって、ちょっと難しいです。