せがわまさき,山田風太郎,読書せがわ まさき,ヤンマガKC,山田 風太郎,山風短,講談社,青春探偵団,KCDX

山風短3 青春探偵団

時代物ではない山田 風太郎は、実は小説でも読んだことがないです。
まあ、時代物ではないといいながら、舞台は昭和30年代なのですが。

今回は、お色気なしで爽やかな感じです。
山田 風太郎、こんなのも書くんだ。
そして、せがわ まさきの絵、本当に、いいわぁ。

せがわまさき,山田風太郎,読書せがわ まさき,マンガ,剣鬼喇嘛仏,学校,山田 風太郎,山風短,講談社,KCDX

山風短2 剣鬼喇嘛仏

面白いなあ~。本当に、面白い。

中学校ぐらいの煩悩いっぱいの時って、なんかこんな妄想をしていたような気がします。
しかし、それをまじめな顔して小説にする神経がすばらしいです。そして、なんとなく感動的にまとめてしまう。

また、せがわ まさきの絵が、これ以上ないぐらいにはまっています。
手を合わせるご老人たちにしろ、武蔵の表情にしろ、本当に奇跡的です。

多分、原作は読んだことなのですが、同等ぐらいのマンガになっていると思います。

せがわまさき,山田風太郎,読書くノ一紅騎兵,せがわ まさき,マンガ,山田 風太郎,山風短,講談社,魔界転生,KCDX

山風短1 くノ一紅騎兵

せがわ まさき×山田 風太郎の第3弾は、「魔界転生」ではなかったです。
残念。

で、「山田風太郎短篇集」で、「山風短」……。そのままや。「Y十M」と同じノリや。題名は、「バジリスク」がかっこよかったなぁ。
なんて思いながら読み始めましたが……。おもしろいコレ。

ちょうど大河ドラマで、直江 兼続をやっていて、ちょっと知っているので、おぉ、直江ってそうなんだ……というおもしろさがありますねぇ。
短編だとけど、マンガにすると丁度1巻。
絵は素敵です。

話も、かなりおもしろいと思います。わたしは、好きです。アホだけれど(笑)
短編なので、次は、まったく別の話になるのだと思われます。予告によると、宮本 武蔵みたいです。