島本和彦,読書アオイホノオ,マンガ,子ども,小学館,少年サンデーコミックス,少年サンデーコミックススペシャル,島本 和彦

アオイホノオ12

この時代、完全に子どものお客さんだったわたしたちっていうのは、ものすごくしあわせだったんだなぁと思います。
クリエーター目指していた人たちは、きつかったのかも。でも、熱気があって楽しそうだ。これは、必ずしも島本マンガだからというわけではないと思います。そういう時代だったんだと。

島本和彦,読書みゆき,アオイホノオ,タッチ,少年サンデーコミックス,少年サンデーコミックススペシャル,島本 和彦

アオイホノオ11

ドラマ、こっちではやらないのか。
それが、ちょっと残念。大阪の話なのに……。

「タッチ」は、タッちゃんが主人公だから、「タッチ」だとわたしも信じていましたよ。

そして、始まって「みゆき」が終わったときは、なんで、「タッチ」が続いて「みゆき」が終わるのかなぁとすごく理不尽さを感じていました。
あの後、あんな展開になるなんて、だれも思ってなかったからなぁ。
あだち充、天才。

島本和彦,読書みゆき,アオイホノオ,タッチ,小学館,少年サンデーコミックス,少年サンデーコミックススペシャル,島本 和彦

アオイホノオ10

超名作「タッチ」の連載スタート。
これのせいで、「みゆき」が終了になったのは、ちょっと惜しい気もします。

しかし、後出しじゃんけんなところもたまにはあるのだけれど、この初めて読んだときの感想や衝撃を、ここまで鮮明に覚えているというのは、やっぱり作家はすごいなぁと思います。

これが薄れないから、お話がかけるんだろうなぅ。

そして、ついにダイコン・オープニング・アニメです。

島本和彦,読書アオイホノオ,マンガ,小学館,少年サンデーコミックス,少年サンデーコミックススペシャル,島本 和彦

アオイホノオ9

マンガ家のバランスの分析とか、メーテルの作画の分析とか、為になる。素晴らしい。
特に、バランスの分析なんて、なるほどなぁと思うますもの。

「999」の最終回は、その後、どうなったのか気になるなぁ。

島本和彦,読書アオイホノオ,ガンダム,ゲッサン少年サンデーコミックス,ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル,小学館,少年サンデーコミックススペシャル,島本 和彦

アオイホノオ8

ついに、「炎の転校生」が、始まりました。まぁ、ここまで考えては書いてなかったと思うんだけど……。

世はガンダムの時代へ。そして、ダイコンへの道も。
黄金時代の始まりですね。