原泰久,読書キングダム,ジャンプ コミックス,ヤングジャンプ コミックス,原 泰久,将軍,集英社

キングダム43

黒羊の丘の戦い。
こういう戦略考えるのって、本当に大変そうだなぁと思います。

でも、最後は気合いで乗り切る。そこも好き。

原泰久,読書キングダム,ヤングジャンプ コミックス,原 泰久,将軍,集英社

キングダム41

六大将軍になるという新たな目標を得て、張り切る信。
しかし、敵は外側ばかりだと限らないという。

でも、そうやって味方同士でも喰い合いをするからこそ、強くなるものもあるのかも。
まあ、そこにいたくはないけれどもね。

原泰久,読書キングダム,ジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス,原 泰久,将軍,集英社

キングダム30

そろそろ、この長い戦も終盤戦な感じですねぇ。
バンバン、大将軍が死んでいきます。
これって、国としては、かなりヤバイ。

原泰久,読書キングダム,ジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス,原 泰久,将軍,集英社

キングダム23

きれいな流れで、貂が合流してきました。

しかし、これでは、天下の大将軍にはなれないのでは??

萩原一至,読書サムライ,将軍,萩原 一至,集英社,集英社文庫,集英社文庫(コミック版),BASTARD!!

BASTARD!!5 暗黒の破壊神

「天使の章1」とカバーにはかかれていますが、奥付や表紙は5巻で、なんか一貫性がない感じがなぁ。

まあでも、確かに章が変わってここから第2部という感じです。
そして、この「邪神の章」と「天使の章」の間っていうのは、「あれから数年の後」という感じで、なんにも問題がないのですが……。
まあ、今読んでみたら、ちょっと荒いよねぇ。せっかく出したサムライも魔戦将軍も、あんまり活かされていない感じはしますし。その割りに、大所帯になっていくし。

んー、しかし、「天使の章」という題名は、第3部の方がふさわしいと思うのですが。ここから9巻までの間に、天使って出てきたっけ?