富野由悠季,読書ガンダム,ガンダム世代への提言,単行本コミックス,富野 由悠季,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川書店

ガンダム世代への提言3 富野由悠季対談集

最後は、3.11の地震をはさんでの対談集となりました。
うーん。日本は、いい方に動いているのかなぁ……。

今、富野さんなら、どう言うだろう?

「ガンダム世代」という言葉は、多分、富野さんにとっては、批判的な言葉なんだろうなぁ。
でも、今、その世代が頑張らなきゃ行けないのも事実です。

大河原邦男,安彦良和,富野由悠季,矢立肇,読書ガンダム,大河原 邦男,子ども,安彦 良和,富野 由悠季,機動戦士ガンダム,機動戦士ガンダム THE ORIGIN,矢立 肇,角川コミックス・エース,角川書店

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4

「シャア、謀ったな」

の4巻目。

ガルマとシャアとの関係なんかも、子どもの時に見ていたのとはちょっと違うところも見えて楽しいです。シャアが、ガルマの境遇に嫉妬しているところもあるのかなぁと思ったり。
人間のこまかいところは本当にうまくて、特に、カイさんとセイラさんの関係というか、やりとりがいいなぁと思います。

特に、ドラマとして最高峰の「再会、母よ」あたりですので。

大河原邦男,安彦良和,矢立肇,読書ガンダム,安彦 良和,富野 由悠季,機動戦士ガンダム,機動戦士ガンダム THE ORIGIN,矢立 肇,美樹本 晴彦,角川コミックス・エース

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 3

いー感じに、ギスギスしているわぁ。
こういう、細かい芝居をかかせると、安彦 良和は、天下一品だなぁ。

逆に、大局を見た盛り上がらせ方なんかは苦手なのですが、ガンダムの場合、大きな流れがしっかりしている富野 由悠季原作なので、両方の長所が活かされている感じです。

それは、安彦 良和よりも、ちょっと小粒になるけど、美樹本 晴彦もそうですねぇ。
やっぱり、絵をかく人というのは、細かいところが気になるんでしょうか。
そして、アニメでは雑だった部分が、丁寧にかけています。
まあ、ホワイトベースが大気圏内を飛んでいるという不自然さは仕方ないんですけどね。

でも、人間のこまかいところは本当にうまくて、ジオンの兵隊さんと降りた人たちのからみが、良かった。

ビッグバンプロジェクト(宮北和明),今川泰宏,富野由悠季,島本和彦,矢立肇,読書ガンダム,ビッグバンプロジェクト,今川 泰宏,宮北 和明,富野 由悠季,矢立 肇,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川コミックス・エース,超級!機動武闘伝Gガンダム

超級!機動武闘伝Gガンダム 新宿・東方不敗!5

アニメ版のGガンダムは、バカにして見てなかったのです。
最終回の最後だけ見て、

「見なくてよかった……」

とか、思っていました。
なので、アニメ版と比べて、この展開が、すごいのかどうかの判断が出来ません。

しかし、このコミック版を読んで、アニメ版を見てなかったことを後悔しているわたしが、ここにいます。
それぐらいおもしろいです。コミック版。

島本和彦,宮北 和明とビッグバンプロジェクト,今川 泰宏,矢立 肇,富野 由悠季
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日:2012-11-21
 

大和田秀樹,富野由悠季,矢立肇,読書ガンダム,大和田 秀樹,富野 由悠季,機動戦士ガンダム,機動戦士ガンダムさん,矢立 肇,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川コミックス・エース,角川書店

機動戦士ガンダムさん ここのつめの巻

「ガンダム創世の章」がついに完結。おもしろかったです。

しかも、今につなげて物語を作っているという……。史実をもとにしたときのこの人の物語を作る力はすごい。オリジナルは……。まあ、キャラクターのアクがどうしても弱くなって行くみたいな気がする。