奥浩哉,読書キラキラ,ジャンプ・コミックス,ヤングジャンプ・コミックス,奥 浩哉,安達 哲,集英社,HEN

HEN7 Star

スターになってというお話では、安達 哲の「キラキラ」を越えるものはないなぁと思ったりしながら読んでました。
アレが、コレより10年ぐらい前か。
そして、コレが今から20年ぐらい前。

まあ、バブルな感じはあるかなぁ。

安達哲,読書バカ姉弟,安達 哲,講談社,KCDX

バカ姉弟5

なんかあるんだけど、その「なんか」を見極めることは、もしかするとわたしには無理かもしれない。

でも、この世界は、「キラキラ!」や、「桜の唄」で、限界までかいてしまった安達哲だからかける世界だなぁということはわかります。

本当は、

「そこのところ、もっと詳しく!」

と言いたくなるのですが、それをするときっと、かきたいことからはなれいって、今までかいたものの焼き直しになるんだろうなぁ。

「キラキラ!」、「桜の唄」は、かいた人まで真っ白に焼き尽くしてもしかたがないような物語でした。
その後の安達哲がここにいるというのは、とっても、うれしいというか、可能性を感じさせることです。

安達哲,読書バカ姉弟,マンガ,安達 哲,講談社,KCDX

バカ姉弟3

ずっと題名は、「バカしたい」とかけて「バカしてい」と読むのだと思っていましたが、よく見ると、ちゃんと「バカきょうだい」とローマ字で書いてありますな。

昔の「キラキラ」みたいなマンガも、読みたい気がします。