天沢退二郎,杉浦静,栗原敦,読書ちくま学術文庫,図解 宮澤賢治,天沢 退二郎,杉浦 静,栗原 敦,筑摩書房

図説 宮澤賢治

図説。生原稿とかの写真が載っていますが、まぁ、そんなに真面目にそれを見たりするほど熱心ではないので、活字部分を中心に読んでいった漢字です。

「宮澤賢治の青春」を読んでしまった後は、どうしても、あのフィルターを通してしか賢治を見れなくなってるな~。
この手紙は……とか、思いながら読んでいました。

天沢退二郎,読書ジャイブ,ジュブナイル,ピュアフル文庫,ルミ,光車よ、まわれ!,天沢 退二郎,学校

光車よ、まわれ!

なんとも、不思議なジュブナイルです。
いろんな謎はあるのですが、その説明が、なんにもないままに物語が進んでいきます。

登場人物も、いっぱいでてくるのですが、はっきりいって主人公サイドは、一郎、ルミ、龍子だけで充分じゃないかと……。

年齢も、6年生というのは微妙です。もしかすると、5年生ぐらいなら、ギャング・エイジのしっぽにひっかかるかということで、こんな風な冒険が成り立つかもしれないと思わせるモノはあるのですが。

でも、そんな変なお話にもかかわらず、不思議と先を読ませるモノはあって、読んでいる間は退屈はしなかったです。

オチは、これだけ引っ張って、余韻を薄めた安房 直子みたいなオチ で、読んだあとに、ちょっと不満というか、不安というか、物足りなさが残ります。

うーん、小学校時代に読んでいたら、おもしろかったのかなぁ。