大野安之,読書Adam Glass,Benjanet,アシモフ,大野 安之,Lip☆

Lip☆

なんか、無責任サラリーマンものみたいな感じではじまったのに、最後、ハードで悲しい話になってました。

人間と同じように思考して、行動するのなら、もう魂を持っているといってもいいのでは?
それが、万国共通なのか、日本独特なのかはわからないけれど。

後期のアシモフとかは、そういう感覚をもっていたよねぇ。

大野安之,読書大野 安之,精霊伝説ヒューディー,Benjanet

精霊伝説ヒューディー3

ヒューディー3巻目。
ちょっと、絵柄はかわってしまっています。でも、めっちゃおもしろいのに、途中で終わっているんですよねぇ。
続き、読みたいわぁ。

これとは繋がっていないらしい「外伝」があるらしということで探したら、古本で8000円でした。
電子書籍で、出ないかな。

大野安之,読書大野 安之,指輪物語,精霊伝説ヒューディー,Benjanet

精霊伝説ヒューディー2

人間の滸蝶が消えて、精霊の滸蝶が生まれるまで。
本当に綺麗な第一部完です。

この「〇〇には絶対に倒せない」というパターンは、「指輪物語」とかでもあったと思うのですが、もう、読んだ当時は感動したというか、心がふるえました。かっこいい。
しかも、圧倒的なパワーを見せた後に、アレですからねぇ。

そして、静かなエピローグ。
もう、完璧としかいいようがないです。

なんでこの話が、こんなにマイナーなのかが謎です。

大野安之,読書大野 安之,精霊伝説ヒューディー,Benjanet

精霊伝説ヒューディー1

これもまた、懐かしいヒューディー。
めちゃくちゃおもしろいのだが、3巻までしかでなかった。そして、マイナー。
えっ、外伝がかかれていたの?それは、まったく知らなかった。

元々は、「イズミコ」のなかの異世界の脇キャラ。で、いつか「イズミコ」の世界と繋がったりするのかと楽しみにしていたのに残念。

今読んでも、おもしろいし、プロローグの

「できるなら その可能な かぎりなことを すべきじゃ ないかね…?」

という言葉は大好きです。

大野安之,読書Benjanet,大野 安之,That’s!イズミコ

That’s!イズミコ6

完結。

まあ、ラストは、すべてがなんにもなかったことにするか、そのままの毎日が続いていくかのどっちかです。この手のマンガのお約束かなぁと思います。
でも、綺麗なラストで好きです。