大和田秀樹,読書マンガ,ムダヅモ無き改革,大和田 秀樹,竹書房,近代麻雀コミックス,麻雀

ムダヅモ無き改革9

大将戦が終了。
新しい章がはじまります。

これも、勢いだけのマンガだけど、おもしろい。

しかし、イカサマしてるって、バレていて、その上で物語が動いているというのが、なんとも笑えます。

そして、このギリギリ感。
……アウトだろうとも、思います。

日本は、いい国だ。

大和田秀樹,読書あ・そ・ぼ,大和田 秀樹,琉神マブヤー 南風ぬ島,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川コミックス・エース,角川書店

琉神マブヤー 南風ぬ島1

ご当地ヒーロー。
沖縄には、沖縄独自の時間が流れているという……。

うーん、ご当地物としては、「しがけん。」よりは、だいぶ上で、うらやましい……。

まあしかし、沖縄の人が見て、違和感はないのだろうか?とは思います。

「全然、ないよーー」

と言ってもらえるのが、ご当地ものの理想型ですよねぇ。

大和田秀樹,富野由悠季,矢立肇,読書ガンダム,大和田 秀樹,富野 由悠季,機動戦士ガンダム,機動戦士ガンダムさん,矢立 肇,角川グループ,角川グループパブリッシング,角川コミックス・エース,角川書店

機動戦士ガンダムさん ここのつめの巻

「ガンダム創世の章」がついに完結。おもしろかったです。

しかも、今につなげて物語を作っているという……。史実をもとにしたときのこの人の物語を作る力はすごい。オリジナルは……。まあ、キャラクターのアクがどうしても弱くなって行くみたいな気がする。

大和田秀樹,読書ムダヅモ無き改革,大和田 秀樹,竹書房,近代麻雀コミックス,麻雀

ムダヅモ無き改革8

敵が強くなければ、敵には敵のドラマがなければ、ヒーローは輝かない。
それを、ほんとに良く知ってるよね。

トラストミー からの どーんは、衝撃的でした。

それはそれで、キャラが立ってる。

大和田秀樹,読書ムダヅモ無き改革,大和田 秀樹,竹書房,近代麻雀コミックス,麻雀

ムダヅモ無き改革7

敵キャラも立たせなくちゃいけないから、オタカさんクラスは必要ですね。
しかし、あの人、今、なにしているんだろう。