マイクル・ムアコック,深町眞理子,読書Michael Moorcock,マイケル・ムアコック,ルーンの杖秘録,創元推理文庫,夜明けの剣,東京創元社

夜明けの剣 ルーンの杖秘録3

この小説のなにがすごいって、ダグウェルとホークムーンを比べたら、どう考えても、ホークムーンの方が短絡的で、迂闊で、しかも、憂鬱な存在だというところだと思います。
ある意味、大人の読み物なんだなぁ~。

そして、だからこそ魅力的なのだと感じます。