吉田直記,水谷緑,読書コミュ障は治らなくても大丈夫,メディアファクトリー,メディアファクトリーのコミックエッセイ,吉田 直記,水谷 緑,KADOKAWA

コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話術

えーと、コミュ障のままアナウンサーになった吉田さんが、それを克服していく話です。

いや、あなたコミュ障じゃないから。はじめっから。
コミュ障の人、アナウンサー選ばないから。そして、アナウンサーとして採用されないから。普通。とか思いながら読んでおりました。
いや、人の気持ちとか読み取ってるし。リアル嫁いるし(笑)

コミュニケーションには、鉄のメンタルが必要ということが良くわかります。
質問して答えてもらっても、それ覚えてないとかあるしなぁ。もちろん、それは自分の問題であるのですが。だからこそ、コミュ障なんだよなぁと思ったり。
会話さえ続いていれば、それでも良いのか?
うーむ。

使えるかな??