朝松健,読書クトゥルー,ホラー,ラー,創元推理文庫,友野 詳,朝松 健,東京創元社,歴史,神話,秘神界

秘神界-現代編-

歴史編に比べると、おもしろさとしてはイマイチかも。
同じような話が続く……というと、クトゥルー神話ってそういうものなので、こっちの方が正統派という気もしますが。

日本系だからか、ホラーとエッチって、結びつきやすい気がします。洋物は、けっこうにおわせつつ抑え気味に書いているけど、日本だとそこあんまり抑えて書かない傾向にある感じです。

よかったなと思ったのは、友野 詳の萌え萌えインスマスとグール(笑)趣味がでていますね。

あと、荒俣 宏の「道」も、あの人らしいウンチクがあって好きです。

そして、あとがきの作者の人の言葉を読んで感じるのは、菊地 秀行の「妖神グルメ」の偉大さです。

秘神界-現代編-
(創元推理文庫)

朝松 健 / 東京創元社(2002/09)


友野詳,読書Arne De Keijier,バカバカRPGを語る,ボードゲーム,友野 詳,安田 均,新紀元社,Role & Roll Books,RPG

バカバカRPGをかたる

昔なら、黒ちゃんシリーズがあって、RPGのバカ話を楽しんでいたよなぁ。
そういえば、最近は、あんまりそういう本って、見かけなくなった気がします。

この本を読んで、そんなことを思い出したりしました。

あの時のお話は、主にプレーヤーまわりのお話で、今回は、主にシステムまわりのお話なのですが、やっぱり、熱く語ってくれる人がいるというのは、いいなぁ。
ほんとうは、若干、友野さんとは、ストライクゾーンが違うのですが……。

こういう本が、ボードゲームでも、どんどん出て欲しいです。
安田 均さんの本も、いいんですけどねぇ。

友野詳,安田均,秋田みやび,読書ソード・ワールド,ソード・ワールド短編集,ファンタジー,冒険の夜に翔べ!,友野 詳,安田 均,富士見ファンタジア文庫,富士見書房,歴史,秋田 みやび

冒険の夜に翔べ! ソード・ワールド短編集

ソード・ワールドは、あんまり世界の危機とかが起こらない1ファンタジーです。

そして、こういう日常の積み重ねが、とっても深い世界を作っているなぁと思います。
だから、もしかすると、自分もそんな世界にいるのかもしれない。そう思わせるところが、おもしろいところです。

その分、派手さにはかけるのかもしれませんが。

  1. 実は時々おこっていますが… []

ガープス・ルナル,ルナル・サーガ・リプレイ,友野詳/グループSNE,安田均,読書,RPGグループSNE,友野 詳,安田 均,富士見ドラゴンブック,富士見文庫,富士見書房,月に至る子,陰謀

月に至る子2 ルナル・サーガ・リプレイ

友野翔/グループSNEが著者で、安田均は監修です。

ルナルは、というかガープスのシステムを使ったリプレイは、なぜか、キャラクターの印象が弱いような気がします。

なんでかな。

だから、前の話がどんなのだったか、あんまり覚えていないという。

ただ単に、わたしが年という説もありますが。

陰謀劇で、人いっぱい出てくると、誰が誰かわかんなくなるしねぇ。