栗本薫,読書ローデス・サーガ,南から来た男,栗本 薫

南から来た男 下 ローデス・サーガ1

上よりも、さらに陰惨な感じになってきます。

多分、書いてたり、読んでいたりする人間は、正常なひとより、レグルスとかのどうしようもない、病気の部分に共鳴するんだろうな~、そして、その共鳴が出来るかどうかが、読めるかどうかになるんだと思います。

ブライ生き残って、栗本 薫が、もう続き書く気満々なところも、実は好きだったりします。少し悲しくもなるけどね。

南から来た男(下)
ローデス・サーガ(1)
(天狼プロダンション)

栗本 薫

栗本薫,読書グイン・サーガ,ローデス・サーガ,南から来た男,栗本 薫

南から来た男 上 ローデス・サーガ1

今、タイトル打ってたら「南から北男」と出てきた。
北か南か、どっちやねん。ちょっと、おもしろいやないか。

ということで、とうとう、禁断のこのシリーズに手を出しました。
といっても、実は、あんまり抵抗無かったりします。
まぁ、栗本 薫のやおい小説は、はじめてではないしねぇ。「真夜中の天使」も、「翼あるもの」の第2部も好きです。第1部は、読みにくかったけど。
あれ、「翼あるもの」第1部、「真夜中の天使」、「翼あるもの」第2部と、かかれた順番に、ちゃんとおもしろくなっているに感動したおぼえがあります。

えーと、内容はグイン・サーガの外伝です。
別に、しっくり普通に、グイン・サーガの世界観にとけ込んでいると思うけどな~。まぁ、やおいに抵抗がある人にはきついかもしれませんが。

もっとも、今までわたしのもっているローデス候ロベルトのイメージは、実は、老人だったんですけどね。なんか、穏やかな人がいたなぁぐらいの印象しかないし。

こういう、無垢で、病弱で、誰からも愛されるキャラクターのイメージは、作者の弟のイメージが投影されているのかなぁ?
そういった、自分の持っていないもの、もてないものへのあこがれからできた物語なので、多分、栗本 薫のやおいものって、おもしろいんだと思います。
ゆがんだ愛も、やっぱり愛の一種ではあるのです。

そして、きっと作者自身は、ゆがんでいるレグルスに投影されていたりするんだろうなぁ。そういう痛々しさも含めて、悪くないです。

南から来た男(上)
ローデス・サーガ(1)
(天狼プロダンション)

栗本 薫