柴田ヨクサル,読書ジャンプ・コミックス,ハチワンダイバー,ヤングジャンプ・コミックス,八百万の神々,柴田 ヨクサル,集英社

ハチワンダイバー24

あいかわらず、わけがわからないですが、おもしろい。
主人公たちが動かない巻なのに、この勢いは、素晴らしい。

いつも誰かが走っている。

戸部民夫,読書八百万の神々,古事記,戸部 民夫,新紀元社,日本書紀,Truth In Fantasy

八百万の神々 Truth In Fantasy 31

日本の神々について、実は、あんまりしらないなぁと。
まあ、あまり伝説として残っていないのかもしれません。「古事記」とか、「日本書紀」に神様はでてくるけど、あれって、どっちかというと、公文書だからなぁ。

だから、いろいろな地方の風土記が、たくさん残っていたら、今よりももっと日本の神様もおもしろかったろうなあと思います。

わたしは、なんにでも神様が宿っているという、多神教の考え方が、すごく好きです。
昔は、「なんて、いい加減な」とか、思っていたのですが、でもまあ、その考え方の方が実際の世界に近いのではないかと思います。