読書,赤坂真二ほんの森出版,先生のためのアドラー心理学,赤坂 真二

先生のためのアドラー心理学 勇気づけの学級づくり

いきなり、「使えるからアドラー心理学はいい」的なことがかいてあって、うーん、それはどうなんだ~。
まあ、教師にとってはキャッチーだけど、「使える」と思って使うと危険だと思うのですが。

と思っていましたが、最後は、テクニカルなところよりも、試行錯誤の大事さがかいてあって、ちょっとホッとしました。

課題に対しては、あきらめずに接する。でも、やっている方法に効果がないと思ったら、その方法に固執せずにどんどんいろいろ試してみるというのが、とても大事だと思います。
その中で、アドラー心理学の方法って、今まで自分がやってきたことを否定するような方法や、周りから見て、

「何もやってないやん」

と言われてしまいそうな方法なので、ちょっと戸惑ってしまうんですよねぇ。
アドラー的なアプローチをしていると思っていても、それを見直して修正していくことは大切だと思います。