佐藤俊樹,読書佐藤 俊樹,河出文庫,河出書房新社,社会は情報化の夢を見る

社会は情報化の夢を見る 新世紀版 ノイマンの夢・近代の欲望

だいたい、本読むときって、内容を想像したり、期待しながら読みます。

例えばこの本だと、社会が情報化していって、どんな風に変わっていくのかが書かれた本だと期待するわけです。

で、読んでみたのですが、ちょっと難しかった。頭、悪いので、イマイチ理解してません。
しかも、「テクノロジーが変える未来」みたいな話を聞きたくて読んでみたら、真っ向からそれを否定した本でしたというオチ。

でも、今、アマゾンとか、確実に人の生活を変えてるよね。そのあたりはどうなのよ。と思ったら、そのあたりは、認めているみたいです。
問題にしているのは、その論の張り方の部分。
うーーん、大事だとは思うけど、今のわたしは、そこには興味ないかな。

ずっと、否定が続く本なので、テンションが落ちます。